• peace

コインランドリーの防犯カメラ対策


・便利なコインランドリー

性能の良く、乾燥機も兼ね備えたドラム式洗濯機。それを手軽に使えるコインランドリーは便利ですね。しかし、このコインランドリーには犯罪やトラブルが起こりやすい要素がたくさんあります。もちろん、それは経営者にも降りかかってきます。防犯対策はもちろんのこと、トラブル回避も兼ねて、防犯カメラは必須と考えていいでしょう。


・コインランドリーは人目が少ない

では、どうしてコインランドリーで犯罪やトラブルが起こりやすいのか。その理由の1つは、人目が少ないことです。特に、店員が常駐しない店舗では、証拠を保存するものは監視カメラに頼ることになります。


コスト削減のためにダミーの監視カメラで済ませようとする場合、実際にトラブルが起きた時に証拠が無く、トラブルがこじれやすくなります。監視カメラは、きちんと映像を録画できるものを設置しましょう。


また、人目が少ないということは、それだけ犯罪を発見するのが遅くなり、証拠が見つかりづらいということでもあります。衣類の盗難はもちろん、両替機の中身等も盗難に遭いやすい環境です。


・深夜利用できて、女性が多い

犯罪の起こりやすさには、客層と利用時間帯も関係します。コインランドリーは1人暮らしの人も多く利用しますが、最近では子育て世代の女性の利用も目立ちます。稼ぎなどで多忙な場合もあるので、女性1人での利用や、深夜の利用も考えられます。


そういった環境で人目も少ないという、トータルで見てもかなり犯罪が起こりやすい環境となる場合が多いです。深夜で1人で長時間待っている状況は、男性でも危険ですが、やむを得ない理由があったり、室内で明かりもついている安心感からか、コインランドリーでは、利用者はそういった環境に身を置いてしまいがちです。


・冤罪事件も多発

コインランドリーは選択する所という特性上、下着など、プライベートなものも、洗濯するために持ち歩くことになります。なので、下着窃盗は比較的起こりやすい環境と考えられますね。


もちろん、本物の下着窃盗も多いですが、下着窃盗の疑いによるトラブルにも要注意です。考えてみましょう。女性が1人で来て、男の人が室内に居た時、そして、それが夜の遅い時間外だった場合。不安にならない方がおかしいといった環境ですね。


また、待ち時間に雑誌などを見たり、近くのコンビニに行ったりして時間を潰す場合もあり、これもまた疑心暗鬼になってしまう原因となります。


もし冤罪トラブルが発生してしまったら。一番大事なのは証拠。中でも映像証拠が一番確実にトラブルを治められる証拠です。きちんと録画機能のある監視カメラを設置することは、特にコインランドリーに大事なことなのです。

↓コインランドリーの防犯カメラ詳細は下の画像をクリックしてください↓


0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

ピース株式会社,防犯,防犯システム,防犯対策,防犯カメラ,監視カメラ,セキュリティ,入退室管理,ipカメラ,セコム,警備会社,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,生体認証,勤怠管理,静脈認証,指紋認証,alsok

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.

​お問い合わせフォームによるお問い合わせの方はこちら