• d-kaji

ネットワークカメラって何?     ネットワークのメリット・デメリット!

今や町中のいたるところで目にする防犯カメラ。 それだけ防犯カメラの需要が増加しているしておかげで、近年個人の方からの防犯カメラのお問い合わせが増えております。

中でもよく聞かれるのが、「ネットワークカメラ(IPカメラ)」についてです。

ネットワークカメラとは、ネットワークを通してPCやタブレット・スマートフォンなどから閲覧できるデジタルカメラの総称のことです。カメラ1台1台に個々のIPアドレスを持ち、撮影した画像をネットワークを通し転送することが出来るWEBサーバーとしての機能を持っているため”IPカメラ”とも呼ばれています。

そこで今回、ネットワークカメラ(IPカメラ)のメリット・デメリットを見ていきましょう。

【ネットワークカメラのメリット】 1.LANケーブルのみの配線ですむので施工工事がカンタン 2.有線LAN以外にも無線LAN・WiFi対応機種もありバリエーションが豊富 3.従来のカメラはアナログからデジタルへ変換することで画質が若干落ちるが、ネットワークカメラ はそもそもがデジタルなので画質がきれい 4.PoE(LANケーブルで電源を供給する技術)に対応した製品が多く、配線がLANケーブルのみで 済むことで配線自体が煩雑にならない 5.従来のものと比べインターネットを介することで同時に複数台管理できる 【ネットワークカメラのデメリット】 1.常時デジタル画質となることでデータ容量が大きくなるため従来と比べ録画時間が短い 2.複数台のカメラ容量が1つのネットワーク回線に乗るため、通信が遅くなったり、途切れたりする 場合がある 3.IPアドレス設定などの初期設定が必要なためある程度の専門知識が必要 4.インターネットを使用することで、不正アクセスの危険性がある 5.ログインIDやパスワードの定期的な変更などの手間がかかる

防犯カメラの需要が増えることで画像の鮮明さや性能に至るまで、より質の高いのものが求められています。また、インターネットの普及で従来のカメラからネットワークカメラ(IPカメラ)へ移行しているのも一理あります。 とはいえ、一長一短でもあるわけです。 だからこそ単に導入するのではなく、きちんと目的にあっているいかを見極め導入して下さい。

               ↓IPカメラ・ネットワークカメラの詳細はこちら↓








0回の閲覧
0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

ピース株式会社,防犯,防犯システム,防犯対策,防犯カメラ,監視カメラ,セキュリティ,入退室管理,ipカメラ,セコム,警備会社,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,生体認証,勤怠管理,静脈認証,指紋認証,alsok

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.

​お問い合わせフォームによるお問い合わせの方はこちら