gtag('config', 'AW-873647632');
 

プライベートサロンの防犯対策はピースにお任せ!!

近年、メディアなどで「ジェンダーレス男子」の活躍や、韓国グループの人気で今の若者たちに男性の美容意識が高まっている。

そのお陰もあって、街の至るところで美容サロンをよく目にするようになりました。

そんな中特に自宅などで開業するプライベートサロンが人気急上昇のようです。

しかし、自宅サロンは施術する女性と施術を受ける男性が1対1の環境となるため、絶対に欠かせないのが「防犯対策」ではないでしょうか。


■プライベートサロンで防犯対策をするべき理由 

プライベートサロンはその特性上、防犯対策に力を入れる必要があります。

その3つの理由を紹介します。

ー 防犯対策をするべき理由 ー

❶ 特定商法取引の関係で住所を公開する必要がある
特定商法取引法では「通信販売」に該当するという声が多く、住所や氏名など表記しなければなりません。また、WEBサイト上で集客を行うため、代表者名や住所・連絡先を記載することが義務付けられています。
❷ サロン=自宅になるためリスクが高くなる
WEBサイト上に情報を載せる以上そっくりそのまま個人情報となってしまうため、万が一のリスクが高くなります。
❸ 自宅でお客様と二人きりになることが多いため
お客様が男性である以上

■プライベートサロンの防犯対策 

プライベートサロンで如何に防犯対策が必要か分かって頂けたでしょうが、では具体的にどのように

対策すれば良いのでしょうか。


ー ピースのおすすめの防犯対策 ー

❶ 防犯カメラの設置

やはり一番は防犯カメラの設置です。

特にお金を扱うことで強盗だけでなく、内部の不正の抑止にもつながります。

❷ セキュリティセンサー

泥棒は人がいるときに入るとは限りません。どちらかと言うといない時を狙う方が圧倒的に多いのです。だからこその備えとして、閉店後の監視が必要となります。

❸ 緊急通報装置

密室で泥棒と対峙した際に逃げることも出来なければ助けを呼ぶことすら出来ません。そんな時にボタン一つで外部に緊急を知らせることが出来るため、備えておくことで従業員の安心につながります。

❹ 防犯ステッカー

店舗入り口やレジカウンターに「24時間監視中」といったステッカーを貼ることで、泥棒から狙われるリスクを減らします。


■総括

泥棒は、如何にリスクなく犯罪に及べるかで狙いを定めます。

だからこそ、「狙わせない・入らせない・盗らせない」をモットーとした、ピースの防犯対策を一度ご検討下さい。


          ↓防犯セキュリティ詳細は下の画像をクリックしてください↓