• peace

ホームセキュリティはピースのホームバリア

・侵入窃盗には予防型防犯セキュリティシステム


家の人が出払った留守中に侵入する空き巣、家の人が居る時に隙を見て侵入する居空き、就寝している時に侵入する忍び込み。色々な種類の侵入窃盗があります。この中でも空き巣は被害件数も多く、話題にもよく挙がるものですが、居空きや忍び込みも、犯人に鉢合わせしてしまう危険性があります。むしろそちらの方が怖いという人も多いのではないでしょうか。


そんな時に便利なのが予防型の防犯セキュリティシステムです。侵入する前、そもそも犯罪が起きないようにするのが予防型防犯セキュリティシステムです。


・従来型のセキュリティシステムの問題点

従来の防犯セキュリティシステムは、侵入者を検知して通報するというところに重きが置かれてきました。しかし、それでは居空きや忍び込みに遭ってしまった場合、在宅中の家族が危険に晒されるというデメリットがありました。


進入中の犯人が誰かと顔を合わせてしまった時点で、焦りや危機感が生まれます。そして、人であれシステムであれ、通報したことが分かったら、更に犯人は追い詰められるでしょう。


侵入窃盗犯は、まるで仕事であるかように犯行を行う手慣れた人から、出来心でやった経験の浅い人まで様々です。この場合危険なのが後者です。追い詰められた人間は何をするか分かりません。失敗を取り戻すために、強盗犯罪に発展する危険性もあります。


・ホームバリアはここがいい!

ピース株式会社のホームバリアの内容。まずは防犯カメラです。防犯カメラは存在感のあるものを使っているので、それだけで威嚇効果があります。勿論、防犯カメラ本来の機能の映像による監視も可能。外出先からスマホで映像が見られるようになっています。


予防型セキュリティシステムのキモは威嚇。フラッシュマルチサイレンは、最大100デシベルの電子サイレン音と、強力な閃光で侵入しようとする人物を威嚇、家の中に侵入させません。


また、赤外線ビームセンサーもあります。赤外線センサーは家の四方を囲むように敷設されるので、どんな通路からの侵入も防げます。


侵入窃盗を未然に防ぐという概念の予防型防犯セキュリティシステム。これがあれば、従来型のセキュリティシステムで問題だった、居空きや忍び込みされで犯人と鉢合わせするということが防げます。勿論、空き巣も未然に防ぐことができるので、家の中を荒らされる心配がありません。ピースのホームバリアで安心を手に入れましょう。

↓ホームセキュリティ詳細は下の画像をクリックしてください↓





0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

​年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​チャットやお問い合わせフォームの方はこちら

図16.png

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.