• peace

マンションの防犯カメラ設置の最大の目的は「犯罪抑止」


マンションやアパートなどの集合住宅に防犯カメラ設置目的で一番重要なのは、犯罪の抑止効果です。何故なら、撮影されているとわかれば犯罪は起こりにくいからです。

そして次に、犯罪が発生した場合の証拠能力です。

ただし、コスト面やプライバシーの関連から隈なく設置していくことは難しいかもしれません。

そこで、防犯カメラを設置する際の一番のポイントは、防犯カメラが目立つ位置に設置されているかです。防犯カメラに「いま、あなたたちを撮影していますよ」と主張する存在感があれば抑止効果として最適です。


マンション内のこんな場所をチェックしてみましょう。

駐車場や駐輪場などの盗難やイタズラが起こりやすい場所や、エントランス正面やその他の出入り口などの侵入がありそうな場所に行き、防犯カメラに気付くかをチェックしてみます。 もし防犯カメラがどこにあるのか気づかないようであれば、防犯カメラの増設防犯ステッカーを貼ることなどを検討してみましょう。ステッカーはコストが安くて効果があるので、比較的導入しやすくなります。


実際に防犯カメラに映っているか、死角はないかを気にする方が多いようですが、もちろんそれも大切ですが、まず侵入者が防犯カメラに撮影されていることに気がつくかが最も重要となります。


「マンションの防犯カメラは、何度も犯人の顔をバッチリ映してくれてました」よりも、「防犯カメラをつけてるけど、マンションで事件が起きたことがないんですよ」と言われる方が防犯カメラとしての最善の意義をなすのです。


現在、多くのマンションにて防犯カメラの設置が当たり前の時代となりました。

だからこそ、今ある防犯カメラがきちんと存在意義をなしているかを見直してみましょう。


↓マンションの防犯カメラ詳細は下の画像をクリックしてください↓



1回の閲覧
0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

​年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​チャットやお問い合わせフォームの方はこちら

図16.png

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.