​お電話によるお問い合わせの方はこちら

年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​お問い合わせフォームによるお問い合わせの方はこちら

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.

  • peace

介護施設の防犯対策

介護施設の犯罪事情


介護施設では防犯設備があまい場合や、警備システムが手薄である場合も多い事が理由にあげられます。また、知人や親族を装って侵入することで、怪しまれることなく施設内を出入りすることができるため、窃盗団にとっては容易に盗みに入れる場所だと認識されています。介護施設なんかに盗みに入らないだろう、というような認識はあまく、入居者の安全のためにも防犯意識を高く持って対策する必要があります。


施錠の管理

介護施設では入居者の離接対策のためにも、施錠の管理は徹底して行わなければなりません。

鍵の管理や入退館の記録、監視などを行うことで入居者の離接や、不審者の侵入を防ぎます。

しかし、管理が手薄な施設では侵入者による鍵の複製や鍵の紛失などで犯罪に巻き込まれてしまうことも考えられます。

そういった場合には更に強化した防犯システムを取り入れて対処するのがオススメです。


指紋認証や顔認証で強化

施設の入り口や金庫室などに指紋認証や顔認証のキーレスシステムを取り入れることで、鍵の管理を強化し、徹底することができます。

また、不審者による侵入があれば、顔認証システムに搭載されている監視カメラですぐに対処することも可能です。

鍵がなくなることで盗まれる心配や、勝手に持ち出される心配もなくなります。


防犯システムを利用する

介護施設の警備システムを強化するためには、防犯アイテムを設置することで窃盗団を威嚇し、侵入を防ぐことができます。


防犯カメラ

夜間の人が少なくなる場所や、出入り口など、施設内に防犯カメラを設置することで、不審な見舞客の記録や窃盗、侵入の抑止になります。


パワーライト

パワーライトで施設周辺をうろつく不審者を威嚇することで、侵入を諦めさせることができます。

施設に入ろうとする泥棒は人に見られることを嫌います。

そのためカメラやライトなどで監視していることをアピールするだけでも防犯に効果的です。


赤外線センサー

施設内外の人がいなくなる時間には赤外線センサーを張っておくことで侵入者を感知し、通報することができます。

入居者が施設を離れようとする場合などにもすぐに対処できます。


安全に暮らしてもらうために

防犯カメラや監視カメラは、入居者によってはプライバシーの侵害の問題などもあり、場所によっては同意が必要な場合もありますが、犯罪の抑止や見守りとして使うことで入居者も、施設のスタッフも安全に過ごすことに繋がります。

また、入退室システムを顔認証や指紋認証にすることで出入りする人間を管理し、犯罪を防ぐことができます。

犯罪に巻き込まれない為にも防犯対策を徹底して行いましょう。

↓介護士施設の防犯対策詳細はこちら↓