gtag('config', 'AW-873647632');
 

介護施設の防犯対策

昨今は様々な業種や場所で犯罪が起こっておりますが、介護施設で起こる犯罪もそのうちの一つだと言えます。


■介護施設で起きている犯罪

・窃盗事件

介護施設での事件で大きかったものは、中国人窃盗団による連続窃盗事件です。

計40件、被害総額2000万円という事件などがあります。

介護施設は、夜間は人が少なく「防犯」という意識があまり高くない施設が多くありません。

そのため、従業員の見回り時を狙って事務室にある金庫から現金、もしくはパソコンなどを盗むというケースが考えられます。

また、この様な外部からのプロの泥棒による犯行だけでなく、従業員が金庫から現金を盗んだり、入居者のお金を盗んでしまうというケースも珍しくありません。


介護施設が狙われる理由としては、

夜間は人が手薄

各部屋に鍵がない施設がある

不特定多数の人が入れるため、入居者家族のフリをする事ができる


などが挙げられます。


・入居者への従業員の虐待

高齢者への虐待の件数は毎年増えており、2019年度に介護施設で起きた虐待件数は600件を超え過去最多となっております。

特定されているものでこの件数なので、発生数自体は倍以上になる可能性があります。

業務がとても重労働のため、ストレスからこの様な事件を起こしてしまう事が考えられます。


以上2点が介護施設に起こる犯罪つぃて多いものとなります。

犯罪ではありませんが、入居者の徘徊問題を抱えている施設もあります。


■どのようにこれらを防げばいいのでしょうか。

・現金を施設に持ち込まない

必要最低限の現金だけにして、泥棒が入っても盗むものがないような状態にすることが重要です。


・防犯ガラスにする

施設は窓ガラスなどが多く、ガラスを破って侵入するケースがあります。

防犯ガラスにしておくことで、侵入までの時間を稼ぐことができ、犯行を諦めさせる事にもつながります。


・防犯カメラを導入する

防犯カメラは24時間人の目の代わりとなってくれます。

導入する事で、泥棒の抑止や従業員の不正の抑止、入居者の徘徊を監視するなど、様々な機能を果たしてくれます。


・生体認証機を導入する

誰でも簡単に入れる施設が多い為、登録した方だけが入れるように管理をすることで、入居者の徘徊の防止や不特定多数の侵入を防ぐことができます。


この様に様々な対策をする事ができます。

まずはお気軽にご相談ください。


↓介護施設向けの防犯カメラ詳細は下の画像をクリックしてください↓