gtag('config', 'AW-873647632');
 

作業現場でのチェーンソーの盗難

昨日、北海道某市にてチェーンソーを盗んだ疑いのある男が逮捕されました。

事件は4月上旬に起きており、森林伐採作業現場に駐車していた油圧ショベルカーの窓ガラスを割り、運転席からチェーンソー1台を盗んだとの事。

犯人の動機としては、自宅のストーブの薪割りに使えると思い盗んだとの事です。


勿論、被害に遭われた方としては許せない事件だと思いますが、チェーンソーだけで良かったとという考えもあるかもしれません。

やはり作業現場や資材置き場などは未だに盗難事件が多くあり、ショベルカーやトラックなどの車両や銅線などの資材など、チェーンソーよりも高額な物が盗まれているのも事実としてございます。

幸い今回はチェーンソーだけの被害で済みましたが、悪質な泥棒にターゲットにされてしまった場合は、それだけでは済まないのです。

車両や資材のが盗まれた場合、盗まれたものの費用だけでなく業務が出来なくなるという売り上げの減少リスクも考えられるからです。


弊社は、建設現場や資材置き場など、様々な場所で防犯対策をさせて頂いております。

被害に遭ってから気づき泣き寝入りするのではなく、被害に遭わない様な対策「予防」を第一に考えて活動しております。


建設業の方、資材置き場をお持ちの方はお気軽にご相談頂けたら幸いです。


↓資材置き場の防犯セキュリティシステム詳細は下の画像をクリックしてください↓



30回の閲覧