gtag('config', 'AW-873647632');
 

侵入を許さない、予防のセキュリティシステム!!

茨城県に在住の方より、自宅兼診療所に泥棒が入り現金100万円と貴金属類が盗まれたとの相談がありました。


翌日に訪問しお話を伺ったところ、自宅3階で寝ている間に1階の勝手口から侵入。

2階に置いてあった診療所の売上金と奥様の財布、そして貴金属類が盗まれたそうです。

これは単に盗難被害だけで済んでよかったのかもしれません。

もし物音に気付き2階に下りた際に泥棒と遭遇していたら、命の危険にもさらされていたかもしれません。


そこで、ピースのガードバリアをご提案させて頂きました。

何故なら、ピースのガードバリアは侵入されてから働く警備会社のシステムとは異なり、侵入されないために作られたシステムだからです。

実際、自分のことと置き換えて考えてみて下さい。

もし侵入されてからセンサーが働き、更にそこから20分前後で駆け付けてくれる警備員を待つよりも、侵入を試みようとした者を検知し働くシステムではどちらが安全かを。


【ピースのガードバリアの特徴】

① 建物外部へセンサーを設置し侵入を試みようとする者を建物に近づく前に検知

➥警備会社は建物内部へセンサーを設置し侵入されてからでないと検知できません

② 侵入を試みようとした者を検知すると音と光による威嚇攻撃し撃退

➥警備会社は建物内部へセンサーを設置し侵入されてからでないと検知できません

③ 威嚇攻撃と同時に登録者の携帯へ緊急事態を通知連絡

➥緊急を知ることが出来るため、警備員の駆け付けを待つ前に緊急事態を知ることが出来ます

④ 高性能赤外線照射付きカメラで24時間監視

➥赤外線照射付きのため夜間の撮影もバッチリ記録できます

⑤ 全国どこがらでもスマートフォン等による遠隔確認

➥離れた場所からでも確認できるため現場に行かずとも現場の状況が確認出来ます


このように、ピースのガードバリアは侵入者を許さないシステムに特化して作られたシステムなのです。

これからの時代、犯罪被害に遭ってから働くシステムではなく、犯罪被害に遭わないで済むためのシステムがとても重要になってくることでしょう。



              ↓防犯対策の詳細は下の画像をクリックしてください↓