gtag('config', 'AW-873647632');
 

入退室管理システム グループホーム


家族も気軽に訪問できるようなグループホームが数多く建てられています。

しかしながら、その防犯対策はまだまだ浸透していないというのが現状です。

従来の防犯カメラやセキュリティシステムを使った防犯対策の他、近頃では入退室管理システムを使った防犯対策が注目されています。

本ページでは、

  • 入退室管理システムとは何か?

  • 入退室管理システムはどのような場面で使われている?

  • グループホームにお勧めの入退室管理システムとは?

上記の点を分かりやすく説明いたします。



入退室管理システムとは

入退室をする際、私たちが一般的に行っている方法は鍵で扉を開けるといった方法ですね。

入退室管理システムを利用した入退室方法はいくつかの方法があります。

  1. ICカードを利用

  2. 暗証番号を入力

  3. スマホアプリ

  4. 生体認証

ICカード

ICカードとは内蔵されるICチップに暗証番号や個人データが入力されたカード型の鍵です。

ICカードを利用した場合のメリットは鍵と違い複製されにくい、施錠が自動でされるので鍵を閉め忘れる心配が無い、個人の入退室履歴が残せるといった点です。

反対にデメリットはICカードを無くした際に再発行に手間がかかる、カードを忘れて出ると閉め出される可能性がある。といった点です。


暗証番号

暗証番号を入力するタイプは比較的簡単に設置が出来るため、オフィスの立ち入り禁止エリアや保育園などで多く利用されています。

暗証番号を利用した方法のメリットは導入にコストが掛かりにくい、鍵を持ち歩く手間がない、といった点になりますが、暗証番号を開ける際など他者に知られてしまい部外者が侵入してしまったという例もありますので、セキュリティレベルは低くなってしまいます。


スマホアプリ

スマホアプリを利用した方法とは、スマホに専用アプリをダウンロードしておき、

リーダーにかざすと開錠されるといった仕組みです。こちらは入退室の履歴が残り、鍵を閉め忘れたことに外出先で気づいても遠隔で施錠できる、といった機能もあり近年人気がある方法です。

デメリットを上げるとするとスマホのバッテリー切れの際に入れなくなる、スマホを忘れて出てしまうと閉め出される恐れがある、といった点でしょうか。


生体認証

生体認証を利用した方法とは、人間の体の一部、顔、指紋、網膜を識別して管理をする事です。

近年のスマートフォンやパソコンでは当たり前のように生体認証が使われるようになりました。

生体認証は鍵やカードを持ち歩く手間がありません。家族が多く鍵の管理が大変、子供が鍵を無くしてしまう心配もなく、生体認証は大変人気があります。

余程の事がない限り他人と一致する事もない為、セキュリティレベルは強固となります。

入退室履歴を記録しながら防犯対策となる面もあり、画期的なシステムと言えるでしょう。

デメリットはけがなど生体認証に登録されている部分の変化があると使えなくなる所です。


入退室管理システムはどのような場面で使われている?

では次に、入退室管理システムはどのような場面で活用されているのか?

弊社で以前に設置した例をもとにご紹介していきましょう。


フィットネスジム

24時間いつでもライフスタイルに合わせた利用が出来る事から、近年ではスタッフ不在の会員制フィットネスジムが増えています。

使われている入退室管理システムはICカードや指紋認証など様々ですが、設置することによりスタッフの配置の人件費が削減できる、といった点が最大のメリットといえるでしょう。


商業施設のバックヤード

商業施設に来店したお客様が誤って入ってしまわないよう、従業員通用路の扉に入退室管理システムを設置しているケースが多くみられます。

商品の搬入で宅配業者など多くの人物が出入りをする為、生体認証では管理が大変になります。

セキュリティレベルは生体認証に劣りますが、ICカードや暗証番号を使ったシステムが最適と言えるでしょう。


グループホーム

グループホームとは介護施設、保育園、障がい者施設など日常生活の援助を受けて共同で生活する施設の事になります。

出入りの多いグループホームでは、一般的にICカードや暗証番号が多く利用されています。

しかしながら、ICカードの紛失や暗証番号を入力する際に部外者に知られてしまうといったリスクもあります。保護者を装って侵入したケースもある為、よりセキュリティレベルの高い入退室管理システムが必要になってきます。


グループホームにお勧めの入退室管理システムとは?

最後はグループホームに限定してお勧めの入退室管理システム利用方法をお話ししていきます。

先ほど述べたようにICカードや暗証番号での入退室方法ですと、セキュリティレベルは弱いです。

ですので、今後導入を検討されている方、機械寿命が来て交換を検討されている方にお勧めしたいのは生体認証を使った入退室管理システムです。

指紋や顔を識別して管理する方法ですと、ICカードなどを人数分発行する手間も省け、紛失の心配もありません。

人数が多い場合導入時に登録する手間が掛かる点や、生体認証に用いる部分に変化があった場合は再度登録する必要があります。

登録できる人数はスタンダードな機器で1500名、多いもので6000名以上登録できるのもありますので、施設の規模に合わせて選択して頂けます。

ピース株式会社では、防犯対策において最もメジャーである監視カメラの効果的な設置方法や

指紋認証や顔認証システムを活用した電気錠、その他入居者様の徘徊対策等、

機器を最大限活用するノウハウを、プロの目線からご案内しております。

そして防犯対策を通して「セキュリティホーム」としてのブランディングによる資産価値の向上だけでなく、

ご入居者様やご家族の為の安心・安全を高めるお手伝いをさせて頂いております。