• d-kaji

家庭用防犯カメラと業務用防犯カメラの違い!

近年、防犯意識の高まりもあり、ネットやホームセンターなどで手軽に防犯カメラを導入することが出来るようになりました。

そんな中、我々ピースにも個人宅へ防犯カメラ設置のお問合せが多く届くようになったのですが、お話を聞いていると中々皆さん簡単に導入出来ると思ってらっしゃるようです。

そこで今回は防犯カメラの家庭用と業務用の違いを簡単にお伝えします。 ①防犯カメラは外見での違いはあまりない ②機能は変わらなくても性能が天と地 ③一番の違いは耐久年数 まず、防犯カメラは家庭用と業務用で形の変化はほとんどありません。 機能に至っても付属しているものに関しては大して変わりはありませんが、その機能に対する性能面は全く異なります。

そしてなんとい言っても一番の違いは耐用年数です。

業務用防犯カメラの法定耐用年数は6年とされているのに対し、家庭用はその全てではありません。 また、設置場所が屋外になりますと雨や風に直に当たる為、業務用の防犯カメラと比べ耐用性は雲泥の差があります。 他にも、業務用は取付業者が万一故障等が起きた際は修理・保証をしてくれるのに対し、家庭用は購入ですので修理はおろか返品も出来ません。


要は、防犯カメラ設置をしたという満足感を得るだけで良いのなら家庭用で十分ですし、コストをかけて設置する以上きちんとした物を、という方は業務用ということです。 この考え方一つでこの先の安全と安心が変わってくるのです。


            ↓防犯対策の詳細は下の画像をクリックしてください↓


1回の閲覧
0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

​年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​チャットやお問い合わせフォームの方はこちら

図16.png

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.