• peace

工事現場の工具や資材の盗難対策には工事現場向け防犯セキュリティシステム

・工事現場は窃盗犯に狙われやすい


工事現場が特に盗難に気を付けなければならない理由は、金目のものが多く、犯行を防ぎにくいからです。電動ドリル、レーザー式測定器、発電機等の工具、ソーラーパネルや鉄板などの資材、ユンボやクレーンなどの重機は、全て高額で売り払うことができます。


また、工事現場のセキュリティシステムは工事が終わったら用済みとなるので、他の一般的なセキュリティシステムとは違って、使い捨ての面が多いという特徴があります。なので、厳重な小屋を建てるといったことは、コスト面で難しくなり、その分盗難が容易となります。



・工事現場の盗難対策

工事現場の盗難対策としては、やはり監視カメラやレーザーバリアタイプのセンサー、熱感知式時間センサーが有効です。窃盗が行われるのは、人目に付きづらく目立たない夜間なので、監視カメラは夜間に対応した赤外線証明の付いたものを選ぶとよいでしょう。


また、威嚇機能もセキュリティ強度を高めます。主に夜間に行われる犯罪なので、光での威嚇は特に効果的です。パトライトやライトによる光の威嚇手段を複数用意すると効果的でしょう。また、それに付随して音の威嚇も有効です。窃盗犯は目立つことを嫌がるので、サイレンや渓谷音声による音の威嚇も並行して行うことで相乗効果が生み出されて、より強固なセキュリティとなります。



・工期の限られた工事現場にはレンタル系セキュリティが便利

コスト面で使い捨てとなりがちな工事現場のセキュリティシステムですが、コスト面で非常に噛み合っているのがレンタル系セキュリティシステムです。工期が決まっているのであれば、レンタル期間は工期合わせればよく、見通しが立て易いです。


また、大体のレンタル系セキュリティサービスなら、必要なものを一通り揃えることが出来ます。監視カメラや赤外線センサー等に加えて、それをネットワークに繋ぐルーターやインターネット契約、録画した映像を保存しておくデジタルレコーダーなども必要になります。


遠隔で映像を監視するためのソフトウェアも必要になると思いますが、監視用のパソコンやスマートフォンまでまるごとレンタルできるプランもあります。


一からセキュリティ環境を構築する必要があり、期間が決まっている工事現場のセキュリティにはレンタル系セキュリティはうってつけですね。

↓工事現場の防犯セキュリティシステムの詳細はこちら↓



0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

​年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​チャットやお問い合わせフォームの方はこちら

図16.png

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.