• peace

工場に設置する防犯カメラ

・窃盗犯が工場を狙う理由


空き巣や万引き、大規模窃盗団等、世の中には様々な窃盗犯材が日々行われています。その中でも工場が盗難に遭う理由は何か考えてみましょう。


どんな工場にもあるものは、製品を作るための素材、作り終わって出荷待ちの製品、また、作っている途中の未完成製品です。更に、製品を作るための器具もあります。工場に限らず、パソコンやテレビ、重機や一般車両などの車もありますね。


工場には金目のものがたくさんあります。工場内には社外秘となる情報が多くあるので、比較的侵入しにくい場所ではありますが、一度侵入してしまうと多大なリターンが生まれる所でもあります。窃盗団による大規模な盗難が予想されます。


また、窃盗団とは逆に小規模な盗難も予想されます。内部犯による盗難です。事務員、運送業者等、工場には様々な人が出入りしているし、日雇い派遣や期間工が多く、人の入れ替わりが激しい工場もあります。万引きと同じように、金目のものを少しずつ盗むといったことが発生しがちです。


・狙われるのはどんな工場?

狙われやすい工場には2通りの傾向があります。一つは扱っているものが高価な工場、もう一つは侵入がしやすい工場です。


金属加工工場で取り扱うものは、製品も素材も効果で売れる者ばかりなので狙われやすいですね。また、高級食品も高価です。海外ではシチリア産の高級ピスタチオが狙われるケースがあります。


侵入がしやすい工場も狙われやすいですが、これは更に2つの細かい理由に分けることができます。一つは工場周辺の治安が悪いことです。工場は郊外の人目の少ない所にある場合が多いです。また、人件費の節約のために海外に置かれている場合もおおいですね。前述のピスタチオの場合だと、武装した窃盗団による強盗です。これについては警察が守ったりと、地域や行政ぐるみで防犯に取り組んでいます。


二つ目はセキュリティが脆弱なことです。これについては防犯カメラの設置や入退室管理システムを使うなどしてセキュリティを強化して対策する必要があります。



・工場に設置する防犯カメラのおすすめ

工場に設置する防犯カメラは解像度の高いものを選ぶことをおすすめします。工場は広く、人が通行する所がたくさんあることに加え、大型機械も沢山あるため障害物も多いです。小さい被写体や、障害物の陰もカバーできる高解像の防犯カメラを選びましょう。


目立つ防犯カメラを選ぶというのも効果的です。大規模な窃盗団は最初から盗むつもりで侵入を試みますが、従業員の突発的な犯行については衝動的な要素が多いので、防犯カメラを目立たせることは抑止になります。


防犯カメラを賢く使って、盗難から身を守りましょう。

↓工場の防犯カメラ詳細は下の画像をクリックしてください↓



0回の閲覧
0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

ピース株式会社,防犯,防犯システム,防犯対策,防犯カメラ,監視カメラ,セキュリティ,入退室管理,ipカメラ,セコム,警備会社,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,生体認証,勤怠管理,静脈認証,指紋認証,alsok

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.

​お問い合わせフォームによるお問い合わせの方はこちら