• d-kaji

広がる生体認証システム!

パソコンにログインする時にパスワードではなく指紋の読み取りを行う。

オフィスに入る際センサーによる顔認証が鍵の代わりになる。

そんな映画のワンシーンのような光景は、遠い未来の話ではなく今の日本社会ですでに浸透してしてきています。


生体的特徴によって個人を識別する生体認証は近年注目を集め、導入が進められている認証方式です。生体認証システムは、本人の生体情報を事前に登録しておき、その情報と読み取り時に得られた情報の類似度が高い時に本人と判断し、認証するという仕組みを基本的にとっています。本人の身体的特徴を「カギ」として利用するため盗難や情報流出の心配がなく、いちいちIDカードを持ち歩いたり、パスワード等を覚える必要がありません。


生体認証のメリットは、まずなりすましが困難になります。また、物理的なIDカードの持ち運びやパスワード忘れなどを心配する必要がなく、データベースからの情報漏洩が起こる危険性もないため、利便性に優れています。

特にピースで需要の多い顔認証は、従来の認証方法よりも精度が高く、偽造されにくいというメリットがあります。

他にもPCのログインや携帯のロック解除に使われている指紋認証です。こちらはデータサイズが小さく機器自体も小型化されているため、コストが比較的抑えられるのが特徴です。


2020年の東京オリンピックでも監視システムの強化のため、顔認証システムが導入されます。

このように生体認証システムは、今後益々活用の幅が広がってくるでしょう。

セキュリティ対策としてはもちろんのこと、顧客満足度の向上や人件費の削減など、業務改善を検討されていましたらまずは一度ご相談下さい。


     ↓入退室管理システム・オートロック電気錠詳細は下の画像をクリックしてください↓




2回の閲覧
0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

​年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​チャットやお問い合わせフォームの方はこちら

図16.png

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.