gtag('config', 'AW-873647632');
 

無線カメラと有線カメラの違いってなに?

初めましてピース株式会社の三田です!

今日は、無線カメラと有線カメラって何が違うのかについて書かせていただこうと思います!

まず無線カメラとは、バッテリーをカメラの中に搭載されておりインターネットを通してネット回線にアクセスし映像を確認するカメラになっております。

この内容だけ聞くと工事費もかからなくカメラを搭載するだけでいいのですごく便利な商品で絶対無線カメラの方が有線カメラよりいいじゃん!って思うと思います。

ですが現状カメラを専門的に扱っている会社のほとんどが有線カメラを取り扱っており無線をあまりおススメしておりません。

それはなぜでしょう?

まず一つが日本には、電波法というのがあり一定以上の電波を出すことが禁じられている法律があります。

これにより無線だとどうしてもネット回線を使わなければレコーダーやスマホ、モニターなどにアクセス出来ないため、あまり高画質な映像が確認されづらく何かが起きた時証拠としての立証がむずかしかったらり、簡単に壊されてしまったりします。


有線の場合だと、直接レコーダーとカメラがつながっていることによってカメラの画質が継続的に維持され3週間から1か月ほどレコーダーの方には、動画が常に保存され続けております。

そして万が一泥棒が入ってくるような時があったとしてもカメラのケーブルにセンサーが搭載されており切られてしまっても泥棒にLEDライトやパトランプで威嚇することによって自分の大切な家族や金銭的にもそうですがお仕事に使われる大切な資材や道具を取られずに済むことによってお客様や取引先の人にも迷惑をかけずに安心してお仕事に励めるかと思います。

私達ピース株式会社は、最新の防犯技術によってお客様の安心安全を守れるように全力で尽力をつくします!防犯対策でなにかご相談や購入を考えておりましたら気軽にお問合せください。