• peace

窃盗被害に遭わないセキュリティシステム

刑法犯の認知件数は、平成8年から平成14年にかけて増加し続け、同年には285万件に達しました。しかし、官民挙げての取り組みにより平成15年からは減少に転じ平成29年には91万5052件と戦後最小となりました。

近年の刑法犯の認知件数の減少は、窃盗犯の認知件数の減少が大きな要因となっています。

ただし検挙率はというと、昭和にはおおむね60%前後の水準であったのに、平成に入ってからは

急激に低下し、平成13年には19.8%と戦後最低を記録しました。

よって、窃盗犯による被害総額だけを見てみると、さほど変化がないのが現状です。


そこで、窃盗とその対策を考えてみましょう。


◆空き巣

空き巣とは留守の住居に侵入して金品を摂取する犯罪です。

まず空き巣犯罪行為を実行する場合は事前に下見をしています。そこで「侵入のしやすさ」 「逃走の経路」 「周囲の人目」などを確認し、成功の確率が高いかどうかを判断します。

一度空き巣被害に遭った住宅などは、再度被害に遭う傾向にありあます。それは、成功の確率が高いと判断されるからです。

◆忍込み・居空き

・忍込みとは、夜間住人が就寝中の住居に侵入して金品を盗む行為です

・居空きとは、住人が在宅し昼寝、食事などをしている隙に侵入して金品を盗む行為です。


では、上記の犯罪を未然に防ぐ対策方法ですが、まず犯罪行為を犯す者が嫌う「音・光・時間・人目」を逆手に取って防止することです。

犯罪行為を犯す者の心理を考え、徹底的に対策することで被害に遭わずにすみます。


ただ実際、犯罪を犯す者の心理を考えても、どのように対策を講じたらよいか分からなかと思います。そんな時こそ、犯罪行為を犯す者の心理を考え、如何に被害に遭わずに済むかを追求した私たちピースのセキュリティにご相談下さい。

プロの目から見た安心で安全な環境をご用意致します。


被害に遭わないセキュリティをご希望の方はこちらをクリックして下さい↓





0回の閲覧
0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

​年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​チャットやお問い合わせフォームの方はこちら

図16.png

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.