• peace

街頭の防犯カメラ!

最終更新: 2019年4月22日

地区や自治会が、公共道路や公園などの街頭に防犯カメラを設置する場合、課題となる一つに「録画装置をどこに設置するか」が挙がります。


何故なら電柱には、防犯カメラしか設置許可が出ないからです。


電柱は「1電柱 1共架」なんです。

つまり、1本の電柱に1台の機器しか設置できないのです。


そこで様々な方法が用いられます。


・設置場所を自治体が管理している歩道や道路

へのポール建柱などに変更する。

・地域会館や公民館など地域の建物の壁面や建

物内まで配線する。

・録画装置一体型の防犯カメラにする。


街頭に防犯カメラを設置するとなると、どこに設置するかで問題点が異なります。

だからこそ、地域の防犯対策として防犯カメラを設置しようと検討されてる方がおりましたら、まずは早めにご相談下さい。


最適なプランを共に考え、最善な方法で治安を守り、地域の方の安全な暮らしをお約束致します。



​お電話によるお問い合わせの方はこちら

年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​お問い合わせフォームによるお問い合わせの方はこちら

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.