• peace

資材高騰の背景から防犯対策が不可欠になった資材置き場

■資材置き場は常に狙われている

資材置き場には銅線やアルミ、鉄板に鋼材などの資材が保管されています。

ただし、保管されているとはいえ、大部分は誰もが出入りできる場所や倉庫に置かれているだけですので、これを売り飛ばして現金に換えようとする窃盗が相次ぎ、対策が不可欠となっているのが実情です。

夜間には人がほぼいなくなることがある資材置き場は、資材を売って金に換えようと考えている輩にとっては実に無防備であり、持っていってくださいと言わんばかりに見えることでしょう。

そのため、資材置き場は常に狙われているという意識を持ち、対策を取ることが大切です。

■どのような防犯対策が取れるのか

資材置き場はある程度の広さが必要となりますので、どのような防犯対策が取れるのかを考えることから始めます。

なんといっても盗みにくい環境にすることが一番ですが、広い場所を盗みにくい環境にする方法がわからないために頭を抱えているというところも多いでしょう。

ポイントは、対策方法を一つだけにするのではなく、複数を組み合わせることです。

まずは入りにくい環境を作るため、入り口には簡易なものではなく、そう簡単に取り除けないカギを取り付け、そのカギにも容易に切断できないチェーンをつけて、資材置き場に張り巡らせるくらいの対策が求められます。

■まだまだ十分ではない

頑丈なカギとちょっとやそっとでは切れないチェーンを張り巡らせたとしても、これだけでは十分ではありません。

複数を組み合わせることが効果的であると考えると、次に導入すべきアイテムは防犯カメラです。

設置場所は複数設け、価値の高い資材を保管している場所に1台、さらに死角となるところ、そして入り口に取り付けるのも効果的でしょう。

これらの防犯カメラは、明らかに防犯カメラであるということが分かる大きめを選んでおくのがおすすめで、しっかりと見ているぞという警告を与えることができます。

■さらに万全を期すなら

防犯カメラを設置することで、何もない資材置き場よりもはるかに入りにくくなりますが、それでもまだ完璧な対策とは言えません。

夜間には全く人がいなくなるという資材置き場の特徴を考えると、人が来ることそのものが異常事態と言えます。

そのため、資材置き場の中に正式な手続きを経ずに侵入しようとした場合には、すさまじい音を立てる警報器を設置することで資材泥棒も逃げていくでしょう。

↓資材置き場の防犯セキュリティシステム詳細は下の画像をクリックしてください↓


0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

​年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​チャットやお問い合わせフォームの方はこちら

図16.png

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.