gtag('config', 'AW-873647632');
 

防犯カメラを導入する際のポイント!!

近年、防犯に対する意識も高まり防犯対策を行う方が増えて参りました。

そこでまず第一に皆様がパッと思いつく防犯対策と言えば「防犯カメラ」になります。

実際、オフィスやお店、街頭などすでに多くの場所で防犯カメラが設置されているのを目にします。

では、防犯カメラと設置するにあたりどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

今回は防犯カメラを設置するにあたってのポイントを幾つかご紹介したいと思います。


〈Point,1〉 防犯カメラの種類 「見た目の形状」

・バレット型カメラ

お店や自宅の外壁のなどでよく目にするタイプで、筒形の形状をしております。

防水・防塵仕様となりますので、基本屋外用として利用されています。特徴としては傍から見てレンズの向きが分かるため、撮影されている感を感じさせれますので抑止効果が高いです。また、赤外線照射付きのため、夜間の撮影にも対応されているのが特徴です。

・ボックス型カメラ

最もスタンダードで、ハンディカメラのような形状です。要はカメラそのものですので誰がどこから見ても防犯カメラが設置されていると分かります。よって最もカメラの存在をアピール出来ますので

抑止効果は絶大です。ただし、屋外に設置する際は雨風や粉塵を防ぐための専用のカバー(ハウジング)が必要となります。

・ドーム型カメラ

その名の通りドーム状になっているカメラです。半透明のケース内部にカメラが覆われているため、どこを監視しているかが分かりにくく威圧感を与えずに設置することが可能です。ですのでオフィスや店舗内に設置されるケースが多くなります。特徴としては屋外・屋内どちらのタイプもあり環境を選ばず設置が可能です。


〈Point,2〉 防犯カメラの種類 「録画方法」

・HDDレコーダー録画

撮影した映像をレコーダー(録画装置)内のHDDにて保存します。録画期間はHDDの容量で変動しますので、必要な期間の録画が行えるHDDを用意しましょう。なお、監視カメラ専用のHDDがありますので、異なるHDDを搭載するのは辞めましょう。

・クラウド録画

HDD録画と異なり、クラウドサーバー上で保存する形になります。その分レコーダーを必要としませんので、初期費用を抑えて導入することが可能です。ただし、クラウドサーバー利用料として月額費用が発生致します。ですので導入期間いかんではクラウドサーバー保存の方が費用面で高くなってしまう可能性もございます。


〈Point,3〉 防犯カメラの種類 「機能面」

・WDR(ワイド・ダイナミック・レンジ)

場所によって明暗が混在する映像も鮮明に撮影できるための機能です。例えば、太陽光や照明が直接当たる逆光の位置では白くボケてしまい、暗い場所が見えなくなったり致します。その現象を自動的に補正してくれます。

・ズーム機能

デジタルズーム・光学ズームの双方が備わった機能です。デジタルズームは録画画像を拡大処理して見るための機能で、光学ズームはカメラの焦点距離を変化させ光学的に被写体を拡大してみる機能です。デジタルズームは画素数の低下を伴うため画質が粗くなりますが、光学ズームは画素数が変化しないのでズーム後も鮮明な映像を見ることが可能となります。

・PTZ機能

パン(Panoramac):カメラ画角を水平方向に移動可能

チルト(Tilt):カメラ画角を垂直方向に移動可能

ズーム(Zoom):映像のズームアップとズームアウトが可能

・オートフォーカス

被写体にピントを自動的に合わせてくれる機能です。被写体の状態や設置状況に応じてピンボケした際に必要に応じて設定しピンボケを治します。

・フリッカーレス

蛍光灯やLED照明の光が入る場所で生じるフリッカー(ちらつき)を補正する機能です。フリッカーは電気の周波数に起因して発生致します。電気の周波数が関東(50Hz)、関西(60Hz)と異なるため、防犯カメラに双方対応できる性能が備わっています。


あくまでも一部ですが、今回防犯カメラを導入する際に必要な幾つかのポイントをご紹介させて頂きましたが如何でしたでしょうか。

ネットで検索すれば安価なカメラが多数ヒットします。しかし目的に応じた機能や性能が備わっているとは限りません。だからこそ、ピースでは上記の機能が全て備わったカメラをご用意しております。

まずは導入する前に価格で選ぶのではなく、何のために設置するのかをきちんと見極めて、目的に合った機器選定をすることが大切なのです。



                      ↓防犯カメラの詳細はこちら↓