• peace

防犯カメラを電信柱に付けるには??

最終更新: 2019年5月9日


商店街や自治体による自発的な取り組みもあって、近年街頭や公道などで防犯カメラを目にします。

ただ、電信柱にカメラを設置する際は所有者との交渉や手続き、設置に関していくつか注意が必要です。


◆電力会社や通信会社の許可を取る!

防犯カメラを電信柱に設置する際は、電力会社や通信会社など電柱所有者の許可が必要となります。 昨今では、防犯ニーズの高まりや地域住民の連携強化もあり、駅前や小学校前の街角、商店街などに防犯カメラを導入する自治体も多くなりました。そのような事情も後押しし、電信柱への防犯カメラ設置を許可する電力会社や通信会社が増えています。


◆機器の選定!

①別途録画機を用意する防犯カメラの場合

録画機をどこに置くか、カメラと録画機を配線する方法はどうするかなども検討する必要があります。配線に関しては、電力会社や通信会社の設備を利用することも可能ですが、申請から許可を得るまで3カ月程度を要する場合もあり、また配線使用料も別途必要ですので、電信柱の数だけ利用代金が発生してきます。

②スタンドアローン型防犯カメラの場合

コスト面でSDカード内臓の防犯カメラが現在の主流です。理由は電源を電柱の上のほうから直接引いていまるため、施工工事が抑えれ、配線使用料もかからないからです。映像の保存期間は場所によってまちまちですが、基本1週間程度です。また、事件や事故が起きた際にはハシゴをかけてお客様自身が登り、SDカードを取り出して映像を見る必要が出て来るため、面倒な作業が常に付きまといます。


◆設置の注意点!

電話線などの通信線と平行に付けてはならないとか、カメラの最低地上高とか、色々と細かい取り決めがあります。他にも設置方法の検討や工事のスケジュール管理、住民に対する周知活動など、事前準備やその後の対策が必要でしょう。


このように、電信柱に防犯カメラを設置するにはクリアにしないとならない問題があります。

だからこそ、自治体や町内会、商店会で防犯カメラを設置しようと今まさに検討されてるのでしたら、一度私達ピースにご相談下さい。


防犯カメラのことをもっと詳しく知りたい方はこちらをクリックして下さい↓






0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

ピース株式会社,防犯,防犯システム,防犯対策,防犯カメラ,監視カメラ,セキュリティ,入退室管理,ipカメラ,セコム,警備会社,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,生体認証,勤怠管理,静脈認証,指紋認証,alsok

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.

​お問い合わせフォームによるお問い合わせの方はこちら