gtag('config', 'AW-873647632');
 
  • peace

泥棒の種類や被害例

最終更新: 2019年4月10日


【空き巣】

家人などが不在の住宅の屋内に侵入し、金品を盗むものをいいます。

【忍び込み】

夜間、家人などの就寝した頃を見はからって住宅内に侵入し、金品を盗むものをいいます。

【居空き】

家人などが昼寝や食事をしているすきに住宅内に侵入し、金品を盗むものをいいます。

【被害例】

●現金、預金通帳、貴金属、カード、パスポートなどの大切な金品が盗まれます。

●パソコンや電化製品などの窃盗。パソコンの場合、住所録や家計簿などの個人情報もいっしょに盗まれてしまいます。

●鉢合わせになり、強盗に変身。とっさに家庭の包丁などを使って強盗に変身することもあります。

●留守宅での待ち伏せ。帰宅するのを待ち伏せし、キャッシュカードを奪って暗証番号を聞き出して 現金を引き出したり、女性への暴行に及ぶこともあります。

●侵入された後、「部屋を荒らされた恐怖感」や「また誰かが侵入してくるのではという不安」

警察庁すまいる110番 抜粋

防犯の事ならピース株式会社

↓住宅の防犯対策の詳細は下の画像をクリックしてください↓