gtag('config', 'AW-873647632');
 
  • peace

店舗兼住宅の泥棒

最終更新: 2019年4月10日

店舗兼住宅は泥棒に狙われることが多い?店舗兼住宅はなぜ泥棒の被害が多いのでしょうか?一般的な店舗の場合現金などは持ち帰ってしまうケースもありますが、店舗兼住宅の場合現金がそのままお店のレジや金庫にしまわれているため泥棒のターゲットになってしまいます。一般の家庭よりも防犯の意識を高めてうちは大丈夫ではなく、対策をお勧めします。泥棒で一番怖いのはお金の盗難ではありません。鉢合わせして生命の危険にかかわることです。窃盗事件の3割は忍び込みや居空きなど家の人間がいるときと言われています。防犯カメラやセキュリティシステムなどはピース株式会社にご相談ください。設置からメンテナンスまで一括して承ります。

↓防犯セキュリティ詳細は下の画像をクリックしてください↓