• peace

予防型防犯セキュリティ ガードバリア

最終更新: 2019年4月11日


弊社の予防型防犯セキュリティは「犯罪を未然に防ぐ」をコンセプトに犯罪データに基づき泥棒の嫌がる環境を形にしています。従来の防犯対策はおそらく2択ではないでしょうか?一つは防犯カメラ・監視カメラ。こちらに関しては証拠として被害後の映像確認になりますので犯罪を防ぐことはできません。2つ目は警備会社。警備会社に関しては被害後の現場確認業務です。最近の泥棒は5分から10分の短時間の犯行が多くガードマンが来る頃に泥棒がいないというケースが多いです。この2つの防犯対策は事後防犯対策になります。ガードバリアは予防を目的としており、①下見の段階でターゲットから外させれる。②犯行途中で諦めさせる。この2つのコンセプトにより予防を目指します。

↓防犯セキュリティ詳細は下の画像をクリックしてください↓


0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

​年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​チャットやお問い合わせフォームの方はこちら

図16.png

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.