• peace

レジの売上が盗まれる?|店舗の防犯カメラ

最終更新: 2019年4月12日



レジの売上が盗まれる?

店舗のお客様、特に居酒屋などの飲食店のお客様から最近お聞きする一番のお悩みはレジの売り上げが合わない。空伝票など従業員による内部不正です。一昔前は泥棒や強盗などの外部の犯罪に対してですが時代は変わって複雑になってきています。

なぜ居酒屋など飲食店に多いのか?

飲食店は特にアルバイトの雇用が多い

アルバイトの方がすべて悪いというわけではなくアルバイトは長期雇用ではないため入れ替わりが激しく確率の問題で泥棒となる人が混じってしまいます。

お店の現金管理を店長クラスが管理している

ご相談の方の中で信頼していた店長がという事例も多いです。やはり現金を目で見て管理していると真面目に働いていた従業員がいつしか泥棒に変わってしまうのかもしれません。

店舗での監視カメラ設置のポイント


・防犯カメラの種類(形状)

店舗の防犯カメラでは基本一番多いのはドーム型の防犯カメラです。ドーム型の防犯カメラは形状がすっきりしていてお客様もほとんど気になりません。また、小型の監視カメラや、火災報知器型など設置していることがわからない防犯カメラを設置するケースもあります。

・防犯カメラの設置個所

店舗で設置が多いのはレジ上と店内全体の2か所というケースが多いかもしれません。内部不正の証拠を取りたいという場合どれだけ高画質な防犯カメラであってもレジ上は必須です。また、バックヤードや厨房などに設置するケースもございます。

・防犯カメラの映像をスマホでも確認できる


防犯カメラは最近では防犯上の目的だけでなく、スマホからいつでもどこでも見れることで留守中の店内の様子や従業員の様子、来客情況まで幅広く管理できます。せっかく防犯カメラを導入するのであれば防犯と管理の両方で活かすことをお勧めします。

店舗の防犯カメラは実績豊富なピースにお任せください。店舗に特化した防犯カメラをリーズナブルにご提案します。他社にないプランもご用意しております。

↓防犯カメラでお悩みの方はこちら↓



0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

ピース株式会社,防犯,防犯システム,防犯対策,防犯カメラ,監視カメラ,セキュリティ,入退室管理,ipカメラ,セコム,警備会社,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,生体認証,勤怠管理,静脈認証,指紋認証,alsok

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.

​お問い合わせフォームによるお問い合わせの方はこちら