• peace

防犯カメラの選び方

最終更新: 2019年4月12日


防犯カメラの選び方

防犯カメラとは

防犯カメラとは防犯を目的とした監視カメラシステムで録画機能があり24時間の監視が可能。現在はハードディスクのタイプが主流で一般的な容量で1ヶ月から3ヶ月ほど録画できる。

設置場所

大きく分けて屋外と屋内に設置できるタイプがある屋外用と屋内用の見分け方は主に防水性能である。IP66やIP67のように防水の性能によって規格が定められている。半屋外用(建物の軒下用)もあるので選定には注意

夜間の映像

夜間の映像を鮮明録画し残したい場合、最低被写体照度を参考に選ぶ必要がある。最低被写体照度はlx(ルクス)という単位で表されている。照明がなにもない場合、赤外線照射付きの防犯カメラを選ぶ。赤外線照射距離にも注意。メーカー仕様の赤外線照射距離の3分の2程度が目安である。(メーカーによって性能には誤差があります。)最近では超高感度の防犯カメラがありほとんど光がなく、赤外線照射もない状況でも鮮明な映像を映すカメラもある。

デザイン

デザインも大きく分けて二種類。一つはBOX型やバレット型のようにいわゆる防犯カメラの形をしているカメラ。こちらは防犯カメラとしてのデザインのため抑止効果が高い。

もう一つはドーム型の防犯カメラ。こちらは玄関や店舗など、一般の人が多く出入りする環境で防犯カメラの威嚇効果を押さえる必要がある場所に設置する。

画素数

現在の一般的な画素数は200万画素が多いです。ただし防犯カメラには様々な規格があり(SDI,AHD,CVI,TVI)など規格によって見え方は違います。設置する際には設置する防犯カメラの実際の映像を確認する事をおすすめします。

上記は選び方の基本的な部分ですが、防犯カメラは設置後、有事の際に初めて効果を発揮します。なにかあった時証拠にならない映像では意味がありませんし、安価な物を選び1年2年で故障しては意味がありません。防犯カメラでお悩みのお客様はぜひ一度ピースまでご相談下さい。親切丁寧をモットーにご対応致します。

↓防犯カメラの詳細はこちら↓


0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

ピース株式会社,防犯,防犯システム,防犯対策,防犯カメラ,監視カメラ,セキュリティ,入退室管理,ipカメラ,セコム,警備会社,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,生体認証,勤怠管理,静脈認証,指紋認証,alsok

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.

​お問い合わせフォームによるお問い合わせの方はこちら