gtag('config', 'AW-873647632');
 

畑に防犯カメラは設置できるのか?

桃の盗難が山梨県で多発

まだ収穫前の‘食べるには適さない成長度’の桃が盗まれ、盗まれた総数は約15000個以上になるともいわれている。農家が一生懸命育てていた桃をもぎ、盗み去った泥棒に対して多くの人たちが怒り、悲しんでいる。

時間をかけて大切に育てた農作物が収穫間近に盗まれたり、農機具などの所有物が盗まれることは農家に経済的かつ精神的にダメージを与えます。


9月~11月が農作物の盗難が最も多い

警察庁の調査情報によると全国で農作物の窃盗・盗難被害は年間約3000件程発生しています。 しかし、畑やビニールハウスを四六時中、人目で見張る続けるには限度があり、どんなに警戒していたとしても、夜間に犯罪が起こるリスクは防げません。

本記事では、畑やビニールハウスの野菜などの農作物や、農作業用の農機具などの所有物が盗まれないために出来る対策について解説します。


畑の盗難は夜間の犯行が圧倒的に多い

日中下見をしたうえで人目に付きにくい夜間に農作物を盗み去るというケースが多く見られます。

堂々と作業者を装い、車の中から遠目から畑の様子を伺っている・・といったケースも過去にありました。しかし、怪しい人物を見かけたからといって通報したところで証拠がない限り逮捕出来ません。

では、大切な農作物を守るためにどういった対策をすればよいのでしょうか。


「ガードバリア」は畑にお勧めなセキュリティシステム

農場内に侵入者が入ったときセキュリティシグナルで警報音とフラッシュライトが作動し、バレットカメラが常時録画しています。

数か所の赤外線センサーで侵入者を見張り、広い敷地のどこから侵入があっても反応します。

納屋の室内にモニターを設置し、夜間は自宅でスマホで映像を確認出来るよう設定。

農作物の窃盗被害は収穫時期でもある9月~11月が最も多く発生しますので、是非設置をご検討下さい。

「ガードバリア」で貴方の大切な畑をお守りします。

お見積り、現地調査無料にて承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

経験豊富な防犯コンサルタントがご対応いたします。