gtag('config', 'AW-873647632');
 

今すぐできるマンションの防犯対策と防犯カメラを設置する際のポイントとは?

こんにちは。ピース株式会社営業部です。

本日はマンションの防犯カメラの設置工事を行いました。マンションやアパートなどの集合住宅では防犯カメラの設置が非常に増えほとんどの多くのマンションに設置されています。

理由は集合住宅であるためたくさんの居住者がおり、またその来客、業者など不特定多数の出入りがあるためです。中には不審者によるトラブルや凶悪な事件も起きています。


マンションの空き巣による手口と実際に起こっている犯罪とは?

マンションは集合住宅なため、人の目も多く空き巣されにくいと考える人もいますが、これは間違いです。

この油断の隙が、空き巣に侵入を許してしまいます。

マンションに侵入する際の、空き巣の手口を知ることで対策することができます。

無施錠

マンションの上の階だからといって、ベランダを無施錠のまま出かけてしまうのは危険です。

空き巣はそういったベランダの部屋を狙って、ベランダからベランダへと伝って侵入します。

ガラス割り

ベランダが施錠されていても、鍵のすぐそばのガラスを割って侵入するケースもあります。

合鍵

ゴミ捨てや郵便物を取りに行く少しの時間に、開けっ放しの玄関から鍵を盗んで複製し、後日侵入するといったケースも存在します。

とくに階段とエレベーターがあるマンションや、階段が2カ所にあるマンションなどでは住人と鉢合わせることなく鍵が盗めるため注意しなければなりません。

ピッキング

近年では防犯に特化した開けにくい鍵も増えてきてはいますが、ピッキングのプロによれば、開けられない鍵はないといわれています。

鍵は1か所だけではなく、上下2カ所に設置するなどしてピッキングに時間がかかるような細工をしておくと効果的です。


ホームセンターで売っている防犯グッズなどを使って空き巣の侵入を防ぎ防犯対策をする方法とは?

補助キーの設置

玄関のドアや窓、ベランダなどに共通しますが、鍵を1つだけにしてしまうとそこを突破されれば簡単に侵入されてしまいます。

補助キーを設置して侵入までに時間がかかる仕組みをつくることで発見のリスクを高め、空き巣を予防することに繋がります。

二重窓

上記と同じ理由で、二重窓にすると侵入するまでに時間がかかるため防犯効果があります。

防犯フィルター

普段の目隠しにもなるため、在宅してるか留守なのかがわかりにくく、ガラスを割っての侵入にも時間がかかるので効果的です。

ガードプレート

ガードプレートとは玄関ドアのスキマを目隠しするプレートで、ガードプレートを設置するだけでピッキングがしにくくなります。

そのため空き巣はピッキングに時間がかかり、侵入しにくくなるのです。

空き巣に留守を悟らせない

空き巣対策ももちろん大切ですが、一番は空き巣に留守を悟らせないことです。

特に決まった曜日に仕事があるなどで家にいない場合などは空き巣に狙われやすいため、注意が必要です。

留守中にもテレビをつけて外出したり、部屋の電気をつけておくなどして在宅しているように見せることで空き巣を予防することができます。

空き巣から身を守るためには、普段の生活リズムを外に漏らさないようにしながら、防犯グッズを取り入れましょう。


マンションのどの場所に防犯カメラを設置すると防犯効果が高いのか?

弊社でも設置する事が多い箇所は以下の通りです。

エントランス

不特定多数の出入りがあるためいつどんな人間が出入りしたのかを記録します。

エレベーター

上層階へ移動手段として使用されるエレベーターにも監視カメラは設置されるケースが多いです。

ゴミ置き場

ごみ捨てなどのマナーも問題となっているため設置します。

駐車場や駐輪場

駐車場や駐輪場は車両に対してのイタヅラや盗難、また常に人がいる場所ではないため犯罪に利用されることもあります。

廊下

近年外部の空き巣や不審者に対してだけでなく住民同士のトラブルのために監視カメラを設置することもあります。

屋上

子供などが昇ったりするためという理由も多いですが、実は空き巣などは屋上から侵入するケースも多くあります。うちは高層階だから安心!と油断していると思わぬ落とし穴があるのです。



マンションのオートロックは防犯面でも安全に思えるが弱点も?

マンションは玄関がオートロック式になっていることが多く、安心感があります。ですが、それだけでは十分とは言えません。


オートロックはマンション関係者以外の出入りを遮断するという目的がありますが、実際には遮断は難しく、ある方法を使うと誰でも容易く侵入できてしまいます。


よくある侵入方法としては、まず、入居者の出入りの際、入居者の後ろに付いていくという方法。本来なら自分の許可した人以外が入ろうとした場合には、後ろから来る人を止めないといけないのですが、人情のある一般人としては、それが中々難しいのです。


荷物が多かったり、時間的に余裕が無かったりする場合には、後ろを気にしない時もあるでしょう。また、後から来た人に親切心で扉を開けて待っていてあげるといったこともしがちです。また、適当な部屋番号に電話をかけ、開場してもらうといった方法もあります。


用心深い人であれば、そういったことはしないでしょう。しかし、マンションには大勢の入居者が居て、その身内や知人もオートロックの入り方を教えてもらっている場合が多いでしょう。大勢の不特定多数の人が使うことになりますので、どうしても使い方に関係する面では限界があります。


マンションオートロックに防犯カメラを設置するメリットとは

オートロックのデメリットは、防犯カメラで補うことができます。

オートロックのある玄関を通過する際には、監視カメラで録画すると怪しい人物を見つけ出すことができます。また、オートロックには映像を残す機能は無いですが、監視カメラを併用することで録画を残すことができます。入居者同士のトラブル等、内部でトラブルが起きた場合にも、円満に解決することの助けとなるでしょう


また、犯罪が起こりにくい環境作りにも防犯カメラは有効です。入居者に防犯カメラがあることによる安心感を与えることも、防犯カメラのメリットです。心理的な安心は、それだけでも穏やかな空間と環境を生み出す効果があるので、犯罪が起きる可能性を減らします。


マンションへの防犯カメラ/セキュリティの設置はピース株式会社にお任せ下さい。

いざ防犯カメラを設置しようとすると、防犯カメラと監視パソコンを繋ぐネット回線のセッティングや、適切な設置場所等、様々な面で考えることが多いですね。また、故障やプライバシー関係のクレームなど、その後の保守も大変な場合があります。


そんな時は、プロの防犯設備士に相談、委託するのがいいでしょう。委託すると費用がかさむと思いがちですが、施工の手間が減るのと、防犯カメラを最大限に活用する適切な設置場所に置くことができます。トータルで見ればコスパはかなり高めだと考えられます。


セキュリティ会社の中でも、ピース株式会社はリーズナブルな価格で、アフター保証も最長7年間と、高品質なサービスが期待できます。防犯診断や見積もりは無料なので、気軽に試せるのも魅力的ですね。

↓マンションの防犯カメラ詳細は下の画像をクリックしてください↓

 ↓お問い合わせはこちらまで↓