マンション

​防犯カメラ

マンションのような集合住宅では防犯カメラの設置が大幅に増加しています。ニュースで目にする凶悪犯罪の影響もそうですが、そもそもマンションのように多くの人が生活し不特定多数の人間の出入りがある環境というのは、犯罪やトラブル起きやすい傾向にあります。居住者だけでなく宅配や設備などの業者、来客などに紛れ、不審な人物が侵入するケースがあります。マンションの防犯カメラ等の防犯対策はどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

​3つの自信

1.価格

安いだけでなく、安心して長く利用できる機器をご用意しています。

「リーズナブル」で高コストパフォーマンスを実現しています。

2.性能品質

自社でテストし検証した商品をご提案しています。

​また常に最先端であることにこだわっています。

​3.アフター保証

最長7年の保証!365日営業のコールセンターも完備。

設置後も安心です。

マンションの防犯対策としてプロの防犯設備士が防犯診断、カメラの種類選定、施工、さらにはメンテナンスまで。長く使用するものだからこそ安心をご提供致します。また、監視カメラだけでなくセンサーや侵入防止機器など他にはないご提案を致します。

マンションの防犯カメラ設置の目的(様々な問題点) 

・空き巣や強盗など泥棒

・不審者に対する対策

・女性の被害防止

・住民同士のトラブル

・駐車場や駐輪場の盗難やイタヅラ

・ごみ置き場のマナー(不法投棄)

・ポストへのイタヅラ

​マンションの主な設置場所

エントランス

マンションには住民・来客・業者・その他など不特定多数の出入りがあります。侵入口の出入り管理は防犯の基本です。

エレベーター

エレベーターは上層階に上る手段の一つです。不審者や犯人がどういうルートで犯行に及んだかの手掛かりとなります。

駐車場や駐輪場

駐車場や駐輪場は夜間など特に人気(ひとけ)が少なく車両への嫌がらせや盗難の心配があります。また犯罪に利用されるケースも少なくありません。

ゴミ置き場

マンションやアパートなど集合住宅ではゴミ出しのマナーや不法投棄などの問題が意外と多く防犯カメラを設置するケースは多いです。

廊下

マンションの廊下に設置するケースは不審者などの外部に対する対策としてだけでなく、住民同士のトラブルなど内部の問題や事後対策で設置するケースが増えてきました。

郵便ポスト・宅配BOXなど

近年、不正な投函やストーカーなどによる嫌がらせなど悪質な行為が目立ちます。

​マンションの防犯カメラの設置場所のご相談は非常に多く頂きます。防犯の目的によって設置場所は変わりますが、マンションのような集合住宅において最も重要なことは居住者の安心安全のため優先順位を明確にし、そしてもちろんコストの事も考えながら検討していく必要があります。ピース株式会社は防犯の基本的な考え方と、マンションの生活環境を踏まえ防犯のプロがご提案させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

マンションに設置する防犯カメラの主な種類

屋外用赤外線監視カメラ

​・超高画質200万画素

・赤外線到達距離約40m​

​・防水機能IP66

・抑止効果の高い監視カメラ

SLS-T0251

赤外線監視カメラ

・超高画質200万画素

・赤外線到達距離約30m

​・防水機能IP67

​・スマートなバレット型監視カメラ

PC-DC2210

Please reload

屋外用赤外線ドーム型監視カメラ

・超高画質200万画素

・赤外線到達距離約15m

​・防水性能IP66

・スマートなドーム型監視カメラ

SV4220

赤外線ドーム型監視カメラ

・超高画質200万画素

・赤外線到達距離約30m

​・防水性能IP67

・スマートなドーム型監視カメラ

PC-DC2206

Please reload

4CH用監視カメラデジタルHDDレコーダー

カメラ入力  4 Channel (BNC)

内蔵HDD  1TB

映像圧縮方式  H.264

 

PC-DR5104

16CH用監視カメラデジタルHDDレコーダー

カメラ入力  16 Channel (BNC)

内蔵HDD    4TB

映像圧縮方式  H.264

αQ5016

Please reload

​マンションなどの集合住宅の防犯カメラや防犯対策実績多数です。初めてご検討の方も既存で設置されている方もお気軽にご相談ください。他社製品もメンテナンス対応可能です。プロの防犯設備士が無料で防犯診断、お見積り致します。
0120-672-575

​お電話によるお問い合わせはこちら

年中無休365日対応 受付時間 午前9:00~午後20:00

マンション,集合住宅,防犯カメラ,監視カメラ,セキュリティ,防犯,アパート
ピースの予防型防犯カメラシステム
​一般の防犯カメラは24時間録画監視はされていますが、有事の際に後から確認するものでトラブルや犯罪を防ぐためのものではありません。ピースのコンセプトは犯罪を未然防ぐことです。予防型の防犯カメラシステムは泥棒や不審者に対し音や光で威嚇するシステムです。
警察のホームページ等でも音や光の対策は推奨されています。泥棒は音や光を嫌がるのではなく周囲に目撃される事を嫌がります

​防犯カメラを設置しているマンション非常に増えてきましたがそれでも犯罪が起きてしまうのはなぜでしょう?防犯カメラは24時間録画監視することにより人の目の代わりとなって活躍していますが、基本的に事後対応ではあります。有事の際に録画の映像を見返すという形です。ピース株式会社では予防の考え方を推奨しております。不審者の侵入があった段階でアクションして犯行をやめさせることです。場所によっては人感のセンサーライトや、音声による威嚇やアナウンスを併用したご提案も可能です。