gtag('config', 'AW-873647632');
 

入退室管理システムの基礎から選び方、注意点まで


入退室管理システム,顔認証,指紋認証,ICカード,暗証番号,アクセスコントロール,出入り管理,電気錠,電磁錠,電子錠,勤怠管理

こんにちは。ピース株式会社が運営するピースロック(入退室管理システム)のITサービスチームです。


入退室管理システムとは、人の入室や退室を管理する出入り管理の事を言います。防犯上の観点からだれがいつ入退室したのかなどの履歴を残します。


初めての方などはどのようなものを選んだらいいのか?価格面はどのくらいするのかなど様々な疑問があると思います。


こちらでは、入退室管理システムの基礎知識から注意点、具体的な運用方法まで解説します。入退室管理システム初心者の方はもちろん、本格的に運用したい方にもおすすめの内容になっています。


入退室管理システム,顔認証,指紋認証,ICカード,暗証番号,アクセスコントロール,出入り管理,電気錠,電磁錠,電子錠,勤怠管理


 目次                                                    


入退室管理システムとは?

入退室管理システムを導入する目的とは?

入退室管理システムの特徴

 認証方法

 構成イメージ

入退室管理システムの選び方

 履歴について

 セキュリティ性

 扉について

 入室管理?退室も管理?それとも両方?

 設置場所について

 操作性について

 アフターフォロー や保証について

入退室管理システムの価格について

 はじめにかかる費用

 月額費用など

入退室管理システムの機能について

 入退室の履歴管理

 オートロック化

 勤怠管理

 体温測定機能(サーマル) 

 API連携(他のシステムと連携)

入退室管理導入の注意点

 入退室管理の弱点!共連れとは?


入退室管理システムとは?

入退室管理システム,顔認証,指紋認証,ICカード,暗証番号,アクセスコントロール,出入り管理,電気錠,電磁錠,電子錠,勤怠管理

入退室管理システムとは、人の入室や退室などを管理するシステムの事です。防犯上の対策としていつだれが入室、退室したのか?の履歴を残します。


入退室管理は主にオートロックの環境下で行われ登録者を認証することでドアが開錠します。認証方法にはICカードや顔認証、指紋認証、暗証番号など様々な種類が存在します。セキュリティ性や利便性などを考慮して選定しましょう。


また、入退室管理システムはだれがいつ入室退室する履歴が残る為、タイムカード代わりとして勤怠管理としても活用されています。


入退室管理システムを導入する主な目的は?


防犯上の理由(外部)

外部の不審者や泥棒の侵入方法の中の一定数は無施錠という事実があります。オートロック化をすることで鍵の閉め忘れを防ぎ、外部の人間の侵入を防ぎます。


内部不正などの危機管理

近年の犯罪では外部の犯行よりむしろ内部犯行が増加傾向にあります。犯人を捕まえるというよりも犯罪を起こさせないための危機管理が必要な時代です。

入退室管理システム,顔認証,指紋認証,ICカード,暗証番号,アクセスコントロール,出入り管理,電気錠,電磁錠,電子錠,勤怠管理

勤怠管理


企業の運営で業務が膨らんでいくことも大きな課題となっています。入退室管理と併用することでタイムカードなどのアナログな管理を脱却し業務効率を図りましょう。




オートロック化などの利便性(鍵が不要)

オートロック化により鍵を渡し管理したり、持ち歩く必要もなくなり、利便性が向上します。


会員管理

フィットネスジムや会員制の飲食店など会員制のサービスをされている事業者が入退室管理システムを活用し会員管理を行っています。


受付の無人化

今や「無人化」は流行のワードと言えるでしょう。入退室管理システムを活用し関係者のみの入室を許可するだけでなく、一定の時間だけスポットの利用許可をすることで受付人員の削減に成功しています。