• peace

なぜ防犯カメラをつける居酒屋が増えているのか?

無銭飲食の抑止

近年、居酒屋では無銭飲食が蔓延っています。

トイレに行ったフリをしてそのまま外に逃げたり、店員の見ていない隙を見て店を出ていったり。

そんな無銭飲食を抑止するには、出入り口付近やレジ前、店内に防犯カメラを設置することで「見られている」と思わせ、抑止することができるのです。

また、いざ無銭飲食があった場合にも、警察立ち合いの元カメラを確認することで、犯人をチェックし探し出すこともできます。

しかし、カメラがなければ犯人の特徴しか伝えることが出来ず、結局は泣き寝入りになってしまうことも。

そういった意味でも防犯カメラは役立ちます。


無人時の窃盗防止

居酒屋などの飲食店では、レジ金を店舗内の金庫に保管している場合も多く、これを知っている人間が夜間の無人の時を狙って泥棒に入ることがあります。

その際に防犯カメラを付けておく事で窃盗を抑止する効果や、泥棒の映像を残しておくことで警察への証拠提出や近隣店舗への注意喚起などにも役立てることが出来ます。

センサーなどのセキュリティシステムのみでは、警備員の到着の前に逃亡されてしまい、犯人の断定に繋がらない場合もあるため、防犯カメラが有効になります。


駐車場のトラブル対策

飲食店などでよくあるのが駐車場トラブルです。

車上荒らしや交通事故、喧嘩などのトラブルでお客様がケガをされた場合などに、管理責任を問われることがあります。

しかし、防犯カメラを設置しておく事で事故状況を確認することができ、責任回避に繋がることがあります。

また、無断駐車・違法投棄などのトラブルにも防犯カメラが効果的です。

防犯カメラを設置することで無断駐車・違法投棄を抑止し、解決することがあります。

悪質な場合などにはカメラを警察に提出することで、問題解決に繋げることも可能です。


コスト削減・売上アップ

防犯カメラは犯罪の予防だけがメリットではありません。

店内のカメラを確認することで、毎日のお客の入りや従業員の勤務態度などをチェックすることができます。

店内の様子を分析することで人件費などのコストを削減することができたり、売り上げアップに繋げたりすることも可能になります。

カメラがついている居酒屋ということは、それだけで防犯意識が高いだけではなく、店舗全体の問題解決意識が高い店ともいえます。

つまり、カメラがあるというだけでお客様への信用にも繋がります。

↓居酒屋の防犯カメラ詳細は下の画像をクリックしてください↓


75回の閲覧
0120-672-575

​お電話によるお問い合わせの方はこちら

​年中無休365日対応 午前9:00~午後20:00

​チャットやお問い合わせフォームの方はこちら

図16.png

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.