gtag('config', 'AW-873647632');
 
  • d-kaji

工期のある工事現場の防犯対策!!

工事現場ではトラックや重機などの建設機械、電線ケーブル・銅線・敷き鉄板・電動工具などの建設資材や器具が多量tに置かれています。

こうした建設機械や建設資材・器具が盗難被害の対象となっています。

特にコロナ禍の昨今、工事現場での盗難被害が増加しているのが現状です。


【建設機械】

トラック、ユンボ、ユニック、発電機、コンプレッサー

【建設資材】

電線ケーブル、銅線、敷き鉄板、アルミ資材、足場、電動工具

トラックや重機などは被害に遭うと解体され海外に輸出されるケースが多く、金属関係は非鉄金属業者で高値で取引されます。

実際、現場関係者も盗難被害に遭いやすい環境なのは分かっています。

ですが、工事現場の場合は工期が決まっており、常設で設置する事ができません。つまり一定期間の防犯対策を取らないとならないのです。

そのためコストをかけて防犯対策をするのがなかなか難しいのが実情でしょう。

◆防犯カメラや防犯システム、セキュリティのレンタル◆

そこで、ピースでは防犯カメラやセキュリティなどの防犯システムのレンタルを実施しており、工事現場向けに防犯対策をご提案しております。

ぜひ一度お気軽にお問い合わせ下さい。工事現場の環境に合わせてご提案させて頂きます。


            ↓工事現場の防犯セキュリティシステムの詳細はこちら↓





3回の閲覧