gtag('config', 'AW-873647632');
 

AIカメラはこれだけ違う!通常カメラとの比較や活用方法を解説

皆さんもAIという言葉は聞いたことがあるかと思います。

いわゆる人工知能技術のことを指す言葉ですが、近年はコンピュータを必要とするロボットやシステム、カメラなどにも搭載されていることがあります。

本記事では「AIカメラ」と呼ばれる製品について、従来までのカメラとの違いやAIカメラとはどんなものなのか?どのような活用方法があるのかをご紹介していきます。


AIカメラとは?

まずはAIカメラとは、どういった物なのか?

昔の映画などでは「人工知能」という言葉が頻発に登場していましたが、現実のAIカメラとは、名前の通り「人工知能(AI)」がシステムに組み込まれているカメラのことを指します。

人工知能技術によって、学習能力の向上や精度を上げることによって、従来までのカメラでは出来なかったプログラムなどにも対応可能になったり、従来よりも高精度な判断が可能になっていることもポイントです。

単純なカメラ機能だけではなく、AIが同時に働くことによって様々な仕組み化をすることが可能になります。


AIカメラ,防犯カメラ

AIカメラを使用することで可能になること代表的な項目を下記で解説いたします。

顔認証精度が非常に高く、マスクのままでも認識する

人工知能によって学習されるデータは、従来までの画像登録されたデータだけを照会して、認識するものではなくなります。

入退室管理システムなどの「顔認証技術」では、AIカメラを使用することで蓄積されたデータとリアルタイムな読み取りによって、マスクをしていても登録されている人物かどうかを判断させることが出来ます。

通常のカメラでは、認識するデータと一致しなければ認証出来なかった場合でも、AIカメラでは部分的一致からデータの整合性を作り上げて判断することになるからです。

AIカメラには「学習能力」があるため、これらの判断を可能にしています。

行動パターンの分析・来客予測

定点カメラにAIが搭載されているような場合では、その空間の行動パターンや密度などをデータ化することも可能になります。

特定のデータを集めることによって、人の行動パターンを把握し、店舗などであれば「来客予測」が可能になったり、「混雑具合の予測」をすることも可能になります。

もちろん、一定期間のデータ蓄積は必要ですが、こういった予測データの可視化はすでに様々なところで採用、実用化されています。

例外的なパターンなども合わせて学習可能なため、様々な状況で判断材料の1つになりえるのです。

人件費の削減・スムーズな顧客管理と運営

たとえば、会員証やメンバーズカードなどの提示が必要なサービスを提供している店舗などでは、認証方法をAIカメラに切り替えることによって、顧客管理をスムーズにすることなども可能です。

手動で行っていた業務をAIカメラが代用できるようになれば、その部分の人件費は削減もできます。また、AIカメラのように精度の高い管理は防犯性の向上はもちろん、「顧客の安心感」にも繋がりやすくなります。

いわゆる業務の自動化をこなせるというのも、AIカメラという技術の持つ魅力的なポイントです。

さらにAIカメラを使うと活用方法によっては【無人店舗】を運用することも不可能ではありません。

データの管理は、顔認識、クレジットカードや決済方法、各種センサーなどに任せることで、入店から退店までの一連の行動をシステム化することもできるからです。


今までのカメラとAIカメラの違いとは?

ここで言う「今までのカメラ」とは、AIを非搭載であるということを前提に、AIカメラとの様々なポイントや違いを比較してみます。

具体的にはどのような違いがあるのか、どういったメリットがAIカメラにあるのかがおわかり頂けるかと思います。


AIカメラ,防犯カメラ

アルゴリズムを搭載したAIカメラ

今までのカメラで何か物を判断したり、データを照会する基準は大部分が人によって設定されていました。

しかし、AIカメラでは簡易的な複数の識別方法を繰り返していくことで、より複雑な識別方法が可能になります。

従来のカメラでは、設定された項目が一致しなければ判断出来なかった部分を、複数のデータから判断、処理することで様々なアルゴリズム(識別方法)を学習します。

アルゴリズム搭載のAIカメラは、対象を人単体だけに限らず、車体番号や空間の識別能力も兼ね備えています。このため、今後も様々な分野で活用されていくことがあると言われています。

従来のカメラでは、業種別などで必要な判断項目を人が設定していた部分を、AIカメラでは自動的に学習して検知できるという特徴を持っています。

高度な監視機能で防犯性能の大幅な向上

AIカメラは、前述の通り多数のアルゴリズムを取り入れながらカメラで捉えた被写体を判断していきます。

このため、監視カメラや防犯カメラなどとも相性がよく、より高度な防犯性能を発揮します。

たとえば、AIカメラのアルゴリズムにある検知システムには以下のようなものが挙げられます

オブジェクト検知

特定のシーンで、様々なオブジェクトを検知して認識、判断することが可能です。

街中であっても人、モノを別々に検知することが出来るため、異常が発生・検知した場合にはすぐに判断されます。

主に外観の判断に利用されるオブジェクト検知ですが、場合によっては医療現場などでも活用されていることがあります。

姿勢検知

AIカメラでは、人物の姿勢を検知するという能力もあります。

一般的にはスポーツ分野などでの姿勢改善やトレーニングに応用されている技術です。

医療現場などで人員が不足している場合には、要介護者の転倒監視などにも使用されています。

顔検出・パターン認識

顔検出は、いわゆる顔認証システムなどにも使用されている技術ですが、AIカメラの場合は監視という側面も持ち合わせています。

たとえば、無人店舗にお客様が入店した際に顔を検出して、無事に退店するまで同様に検出を続けたり、ヘルメット着用などの危険行為に及びそうな場合は警報システムと連携させたりすることが可能です。

パターン検出では、特定の条件を認識させた上で、その条件を満たした物体を検出したり、検知するものです。盗難車の捜索などにも応用されている技術の