gtag('config', 'AW-873647632');
 

Wi-Fi対応の防犯カメラの特徴やメリット・デメリット


様々な種類が販売されている防犯カメラにはWi-Fi対応と表記されている機器があります。


スマートフォンやタブレットなどがWi-Fi機器から接続出来るように、防犯カメラにもWi-Fi機器で接続出来るタイプのものがあるのです。

最近ではコンビニなどにも設置されている身近なWi-Fi機能ですが、防犯カメラにおいてWi-Fiタイプの場合にはどのような特徴があるのか?考えられるメリット・デメリットを合わせてご紹介していきます。

wi-fi,防犯カメラ

防犯カメラのWi-Fiタイプとは?

Wi-Fiタイプの防犯カメラとは、Wi-Fi機器からのインターネット接続を利用して使用可能な防犯カメラ全般を指します。

ネット回線としては一般的に有線、無線の2種類があり、Wi-Fiタイプは無線になるので、LANケーブルなどが不要になったり、すでに自宅で使用しているWi-Fiルーターなどに接続可能なこともあります。


防犯カメラのWi-Fiタイプのメリット・デメリット

では、防犯カメラのWi-Fiタイプにはどのようなメリットとデメリットがあるのかを解説していきます。

Wi-Fi対応と聞くと、イメージとしては非常に便利なものが思い浮かびやすいですが、防犯カメラにおいてのWi-Fiタイプにはメリットもデメリットも存在しているのです。

導入前に両方を知っておくことで、適切に防犯カメラを運用しましょう。


防犯カメラWi-Fiタイプのメリット

Wi-Fiタイプの防犯カメラのメリットは、配線不要で設置することが出来るという点に加えて、設置後の仕上がりが比較的綺麗になりやすくなります。

余分な配線が必要なく、Wi-Fi機器からの電波を受信出来れば稼働させられるので、設置工程も短縮されます。

また、屋内用であれば移動が簡単なことも大きなメリットの1つです。


防犯カメラWi-Fiタイプのデメリット

逆にデメリットとしてはWi-Fiルーターからの距離があまり離せないという点です。

防犯カメラとして安定させるには、Wi-Fiルーターから出来れば4~5メートル以内に設置する必要があり、いうなればWi-Fiルーターと防犯カメラがセットのような扱いになります。加えて、有線と比較すると、やはり動作は不安定になりがちです。

他にも、スマートフォン用のポケットWi-Fiなどでは通信量の問題が起きることも考えられます。

防犯カメラ,wi-fi

防犯カメラのWi-Fiタイプにおける注意点

続いて、Wi-Fiタイプの防犯カメラを導入する際にはどのような部分に注意すべきかを紹介していきます。


カメラ本体は電源が必要なこともある

Wi-Fiの通信で送受信可能なものは、あくまでも「防犯カメラの映像」という部分です。このため、カメラ本体に関しては電源を確保する必要があることも考えられます。


電波状況によって夜間の撮影機能が保てるかどうか

デメリットでも取り上げましたが、Wi-Fiの電波は不安定になりいやすいので、夜間の撮影がうまく機能しなくなることも考慮しなければなりません。

専門の業者に相談すれば、設置したい場所や電波環境についても現地で判断してもらえることがありますので、どうしてもWi-Fiタイプを導入したい場合には防犯カメラ専門業者への相談をおすすめします。


防犯カメラWi-Fiタイプの主要な機能について

Wi-Fiに対応している防犯カメラの主な機能やよくある疑問点などをまとめて解説しています。


屋外用や防水の防犯カメラでWi-Fiタイプはある?

Wi-Fi接続を前提とした防犯カメラの多くは屋内での使用を前提にした製品が多くなっています。ただし、一部の製品は屋外で使用出来ることもありますので、製品の性能などをしっかりと確認しておきましょう。

JIS規格のIP数値を参考にすると、屋外で使用出来るかどうかは判断しやすくなります。

※IP66以上が主に屋外用の目安となります


スマートフォンとの連携は可能?

Wi-Fiタイプの防犯カメラはWi-Fiネットワークからスマートフォンと連動させられる製品は多くなっています。ただし、設置場所や距離によっては連携出来ないこともあるので、中継機やクラウドアプリなどを仲介することがあります。


バッテリーや乾電池方式のWi-Fiタイプはあるの?

Wi-Fiタイプだけに限らず、防犯カメラには内蔵されたバッテリーや乾電池の交換でカメラ本体の電源を確保出来る製品があります。

屋内用のWi-Fiタイプなどであれば、乾電池などで対応出来る製品も多いので、屋内に限れば、配置変更などの取り回しはしやすい種類だと言えます。


最後に

Wi-Fiルーターは一般家庭や様々な施設で使用されているため、防犯カメラのWi-Fiタイプも屋内では使用しやすい製品モデルとして広まっています。

逆に、電波状況などが影響されやすい屋外用防犯カメラとしては少ない部類になりますので、設置目的に合わせて導入や運用方式を検討してみてください。

wi-fi,防犯カメラ