gtag('config', 'AW-873647632');
 

ユンボやユニック、トラックの窃盗が増えている


重機が盗まれやすい理由

ユンボやユニック、トラックといった重機などは金額が高いにも関わらず、野外に放置されていることが多く、窃盗団に目を付けられやすいです。

また、ユンボやユニックは販売ルートが確立されていることが多く、解体された後に海外へと転売されるケースがほとんどです。

他にも、盗んだ重機を使用して大がかりな金属の盗難(ATMなど)に利用されることも。

いずれにしても、簡単に盗むことができるうえに金額も高いため外国籍の窃盗団などに目を付けられ、盗まれやすいのです。


盗難される手口

重機やトラックは盗難保険や火災保険の対象外であることも多く、また野外に放置されていることも多いため、合鍵などを作られて持っていかれるケースも少なくないです。

持ち去られてしまったトラックや重機は柵のない廃車置場や解体作業所などに無断で持ち込み、解体したあとに海外へと転売されています。



重機を守るための防犯対策は?

建設現場の防犯対策としては、一番は敷地内に不審者の侵入を許さないということが重要になります。また、万が一侵入された場合でも犯行を未然に諦めさせる事出来るかが大切なポイントです。


資材置き場セキュリティ設置イメージ



防犯カメラ設置

防犯カメラを機材や重機のそばに設置することで、リアルタイムで異変を察知することができます。

また、窃盗団にとって人の目は出来るだけ避けたいものなので、「ここで盗んだら面倒な事になりそうだ」といった心理になりあえて存在感の強い防犯カメラを付ける事も防犯効果が高いといえます。

防犯カメラの映像を24時間スマートフォンから確認する事もでき、異変が起きた際すぐに気が付けるのもメリットです。


赤外線センサーの設置

敷地内にセンサーを張り巡らせておくことで異変をいち早く察知し、通報することができます。

警報機などと合わせて使用することでより防犯効果を高められます。

設置イメージではセンサーを四隅に取り付けることにより、敷地内のどこから侵入されてもセキュリティシステムが発動します。


威嚇警報機を設置する

万が一侵入者が入った際は、〖センサーライトで明るく照らす〗〖警報機でけたたましい音を出す〗これらの威嚇機器が効果的です。未然に犯行を防げる可能性が高いです。

センサーライトで照らす事により防犯カメラで侵入者の姿もバッチリ捉える事が出来るので、何か起きて警察に相談する際も人物が特定しやすくなるでしょう。


重機を野外に止めない

重機などは大きく場所を取りやすいため、野外に止められることが多いですが、まずは泥棒の目に付きにくい場所で管理することも大切です。

さらに赤外線センサーやカメラで監視することで万が一の場合にも備えることができます。


重機の車体にGPSを設置

大切な重機やトラックにGPSを設置しておけば、万が一持ち去られてしまった場合にも取り戻せる可能性があります。

カメラと一緒に警察へ提出することでより早く解決に向けて動くことが出来ます。

ユンボやユニックといった重機は高額な重機であるにもかかわらず、一度盗まれてしまえば戻ってこず、泣き寝入りしなければならないケースがほとんどです。

建設現場や車体のセキュリティ面を強化することで大きな損失を抑え、結果的にはコストを削減することに繋がります。

今一度、重機の扱いについて見直してみるべきではないでしょうか。

↓ユンボやユニック、トラックの防犯対策詳細はこちら↓