gtag('config', 'AW-873647632');
 

顔認証システム導入について!

昨今、顔認証システムが様々な場所で注目されており、需要が高まっています。

今回は、顔認証システムの特徴(メリット・デメリット)や、導入される目的や理由などご紹介させて頂きます。


顔認証システムとは…

認証方法には、指紋認証、静脈認証、虹彩認証などがあり、これらはすべて人の身体の一部で認証を行う「生体認証」といいます。

そして生体認証の中の一つが顔認証なのです。

そもそも顔認証は、どのような仕組みで本人かどうか識別するのでしょうか?

顔認証では、事前に顔(写真でOKのものもあります)の登録を行います。

顔認証技術には、高度なAIが使われており、そのAIが目、鼻、口などの位置や特徴を捉え、データと照合してその人物が本人かどうか認証するシステムなのです。





顔認証システムの認証方式

顔認証システムの認証方式は2つあります。


ビジュアル方式(2D認証)

画像に写った顔の目・鼻・口などの位置を認識し、それをデータベースの人物情報と照合することにより特定の人物であると認証する方法です。

・メリット

対応する端末が多く、選択肢が豊富

・デメリット

太陽や照明による現場の光量が認証の精度へ影響を及ぼす

髪型や化粧によって正常に認証できない可能性がある


IR方式(3D認証)

顔を立体データとして認識できる機能を付加したシステムで、顔認証の機能が増えるため、2D顔認証システムより認証の精度は高くなります。

・メリット

顔写真では認証ができない(セキュリティ性が高い)

化粧や髪型が変わっても影響がなく、赤外線によって現場の光量にかかわらず顔認証システムを動作させられる

・デメリット

赤外線認証に対応する端末が必要となる


顔認証システムを導入する事のメリット・デメリット

今や顔認証システムは、幅広いシーンで活用されています。

例えば、銀行やオフィスの入退室管理、国家インフラ、スマートフォンのロック解除など。

顔認証システムを使用する理由としてはメリットがあるからなのです。


メリット

・セキュリティ性の高さ

代理での認証やなりすましなどができない為、確実に登録した本人のみ認証させることが出来ます。

つまり部外者は入る事ができないのです。


・非接触での入退室

基本的に指紋認証や静脈認証のようにデバイスに触る事がない為、コロナ対策としても有効です。


・紛失の心配がない

カードや鍵での認証機の場合、紛失するリスクや誰かに盗られるリスクがありますが、自分自身が鍵となる為紛失するリスクがないのです


デメリット

・マスク着用時の精度

顔認証機の中にはマスク着用時は認識しない場合があります。

導入の際は確認が必要です。


・個人の同意

スムーズに、安全に運用するためには、個人の同意を得ることが重要になります。

トラブルを防ぐためにも、導入前は事前に伝えておく必要があります。


・入室退室の管理を行いたい場合、複数台必要

入室と退室のどちらの管理も行いたい場合は、入口と出口に設置する必要があります。


顔認証システム導入場所

顔認証システムを導入できる場所は多岐にわたりますが、ここでは一例をあげさせていただきます


・オフィスの入退室

・会員制のバーや飲食店

・スポーツジム(特に24時間営業)

・食品工場



他にも様々なところで、顔認証システムを導入する事ができます。

その場所その場所のドアの造りによって対応できる機器や錠が変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。


↓入退室管理システム・オートロック電気錠詳細は下の画像をクリックしてください↓