gtag('config', 'AW-873647632');
 

設置場所に応じた防犯カメラ・監視カメラの選び方!

防犯カメラ・監視カメラは様々な場所に設置されるようになりました。

そこで今回、用途によりどのカメラを選ばなければならないかを考えていきたいと思います。


コンビニ・スーパーへの防犯カメラ設置


                   【更に詳しく知りたい方はコチラをクリックして下さい↓】


①コンビニやスーパーなどの店舗や商業施設

第一に万引きやいたずら防止目的で監視カメラを設置しています。実際に犯罪が起きた時には、録画された映像が動かぬ証拠として保存されます。犯罪防止の効果を高めるため、あえて目立つように設置することが多いです。



工場・倉庫への防犯カメラ設置                           

【↓工場・倉庫の防犯対策はこちらをクリックして下さい】


②会社や工場、倉庫

品質管理や衛生管理、安全対策のために監視カメラが設置されます。 不正な行為や異物混入などの事故を防ぐためにも、監視カメラの設置が必須となっているのです。また、出入り口や通用口にも監視カメラは設置されています。多くの人が出入りすることが多い場所は、犯罪や事故が起こる可能性も高くなります。このような場所では、夜間の侵入者も

                      確認できるように、赤外線照射付きカメラが

設置されます。


駐車場・駐輪場の防犯カメラ


                    【駐車場の防犯対策はこちらをクリックして下さい↓】


③駐車場や駐輪場

今では当たり前のように監視カメラが設置されています。盗難などの被害が増えていることから、屋外用のカメラが設置されています。 もちろん、夜間の撮影もできる暗視カメラが設置されていることでしょう。


このように、設置場所や使用目的によってカメラの選定をしなければなりません。

単に付いていれば良いでは、何かあった時に役に立たないことも。

だからこそプロに相談をし、適材適所な機器を設置し、安心で安全な環境作りを整えていきましょう。

ピース株式会社では経験豊富な防犯コンサルタントがお客様に合った防犯対策を提案致します。お見積り、現地調査無料にて承りますのでお気軽にお問い合わせください。