gtag('config', 'AW-873647632');
 

スーパーマーケットでの防犯対策!防犯カメラを設置すべき理由とは



スーパーマーケットでは万引きや客同士のトラブルなどが一般的には多く、万引きメンなどのTV放送などを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

近年では高級食材を狙った大胆な盗難や閉店間際の集団強盗など、スーパーマーケットで起こっている犯罪事件の凶悪化が目立ちます。

現金商売のためお金が人目に非常につきやすく犯罪心理を煽ってしまいます。

また裏口なども業者の出入り含め人の出入りが多いため非常に無防備です。昨今では業者からあそこのスーパーは防犯が薄いと情報が漏れてしまうことも考えられます。

近年、スーパーなどでも防犯カメラが普及し始めていますがまだまだ安心とは言えません。また、万引きなどの被害も多く発生しております。高齢者の万引きは社会問題であり、万引きGメンなどの番組でもよく取り上げられています。




スーパーマーケットに防犯対策が必要な理由

スーパーマーケットでは、防犯カメラ設置などの防犯対策が必要です。近年ではスーパーマーケットを含めたほとんどの小売店舗では防犯対策を施していますが、スーパーではとくに商品点数が多いことや、死角ができやすくなるからです。スーパーでは以下のような犯罪が起こりやすく、防犯対策が必要とされています。

・万引き

・マナー違反

・窃盗・侵入

こうした犯罪は、防犯カメラを設置することによって発生件数を減らすことが期待できます。

防犯カメラを設置することで期待できる効果とは

犯罪を防止するには、目に見える分かりやすい防犯対策が大切なのです。とくに防犯カメラは誰が見ても分かりやすい防犯対策のため、犯罪をしようとする気を失わせることができる可能性があります。リスクの高さをアピールすることによって、犯罪そのものを防ぐことにつながるのです。

また、防犯カメラは記録映像が残せます。万が一犯罪が起こった際、この映像を証拠として警察に提出できるので、早期に事件解決がしやすくなります。

実際のスーパーマーケットでの防犯カメラ活用例!

先ほど述べた通り、防犯カメラはさまざまな犯罪の抑止効果があります。ここからは、よくあるスーパーマーケットでの悩みと防犯カメラを活用した解決方法をご紹介します。

万引き被害を減らすため

スーパーマーケットでの一番の被害といえば、前述の通り❝万引き❞です。特に休日になると出入りする人が増え、万引きが多発する傾向が高くなります。

防犯カメラを設置するのにおすすめの場所は、従業員から見えづらい死角となる場所や出入口付近です。このポイントには入念に監視できるようするために、複数台の防犯カメラを設置するのが良いでしょう。防犯カメラには威嚇効果もあるため、何台か設置されているだけで万引きの抑止力となります。

また、防犯カメラを設置していたとしても、古いタイプのものでは最大限の効果を発揮できないことがあります。たとえば、画質が荒いとせっかく防犯カメラで映像を録画しても、犯人特定が難しくなるのです。

そのため、防犯カメラを設置する際は、できるだけ高画質のものを選ぶようにすると良いでしょう。画素数が高いものであればカメラに映った人の顔も特定しやすくなるので、要注意人物などを従業員内で共有し、万引きを未然に防げる可能性が高くなります。

お客様同士のトラブル防止のため

スーパーマーケットに来店するお客様が増えると、色々な方が来店されるため、マナー違反に悩んでいるというスーパーマーケットも多いのではないでしょうか?また、新しいお客様を獲得するために定期的にお買い得セールやイベントなどを開催しているところも多く、それに伴いトラブルが増えて困っているというお悩みも伺ったことがあります。

お客様同士のトラブルやマナー違反が増えることは、店内の治安や雰囲気の悪化に繋がります。このようなことが続くことで信頼が無くなり、常連客離れも懸念されます。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、防犯カメラは有効です。

防犯カメラがあることにより犯罪の抑止効果だけなく、証拠映像を撮影するためにも活用ができます。録画映像はモニターで一括監視できるタイプが導入事例としては多く、バックヤードにいる従業員で監視することが可能になります。そうすることで、トラブル被害やマナー違反などお客様同士でのトラブルを減らすこともできるでしょう。

また、防犯カメラを設置することにより、警備員や万引きGメンなどを雇うための人件費コストも削減ができます。防犯カメラで防犯対策をすることで、コストを下げながらも効果的な施策を打つことが可能となるのです。

おすすめの防犯カメラ設置場所

スーパーマーケットでは高すぎる場所にカメラを設置すると、顔がはっきり映らなくなってしまう恐れがあります。そのため、カメラの性能に合わせた距離を選ぶことが大事です。可能であれば、店内すべての通路が見える場所に設置できると良いでしょう。

出入口、店内の四隅、死角となる箇所は防犯カメラを設置する場所としてはマストです。

また、見落としがちですが必ず設置してほしいのが駐車場や駐輪場です。駐車場での車上荒らしや高齢者の運転ミスで車が店を破壊してしまった、などのトラブルも少なくないからです。

万引きをした犯人が通る可能性が高い場所でもありますので、店の外にも防犯カメラの設置を検討しましょう。

まとめ

スーパーマーケットは、不特定多数の人が出入りをするため、万引きやマナー違反などが起こりやすい場所です。防犯カメラを設置することで、犯罪の抑止効果や犯人特定などに役立ちます。

また、近年の防犯カメラは画素数がアップし、スマホやタブレットなどのモバイル端末を使用した遠隔監視もできるようになっています。そのため防犯目的としてだけではなく、スタッフの勤怠管理や商品管理などの目的としても活用されるようになりました。

このように、スーパーマーケットに防犯カメラを設置することはさまざまなメリットがあるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。


↓スーパーマーケットの防犯カメラ詳細は下の画像をクリックしてください↓